東京から南へ420km いまだ蠢く海底火山「明神礁」と、70年前のある測量船の悲劇とは

東京から南へ約420km。そこには海底火山「明神礁」があります。そんな明神礁の歴史とそれを取り巻く人間模様について、フリーライターの大島とおるさんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_05.jpg
明神礁の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_06.jpg
明神礁の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_07.jpg
明神礁の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_08.jpg
明神礁の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_09.jpg
明神礁の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_10.jpg
明神礁の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_11.jpg
明神礁の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_01.jpg
明神礁の火山活動。1952年9月23日撮影(画像:海上保安庁)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_02.jpg
火山の噴気孔などで生成する自然硫黄(画像:倉敷市)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_03.jpg
海上に姿を現した時の明神礁。1952年撮影
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_04.jpg
明神礁の火山活動。1952年9月23日撮影(画像:海上保安庁)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×