東京観光のシンボル「スカイツリー」、実は埼玉に出来ていたかもしれなかった!

東京観光のシンボルとして国内外問わず人気の東京スカイツリー。その困難に満ちた建設までの道のりについて、フリーライターの小西マリアさんが解説します。


14か所が誘致活動を実施

 2012年に誕生した東京スカイツリー(墨田区押上)ですが、現在地に決定するまで、公式・非公式をあわせて14か所もの地域で誘致活動が進められていました。

東京スカイツリー(画像:写真AC)

 例えば台東区は2001(平成13)年11月、区内に誘致を進めるための準備会を結成。当初は隅田公園周辺を候補地として挙げていました。さらには上野恩賜公園に建設する案や、上野から浅草寺周辺を候補地とする動きもありました。

 足立区は2004年3月、区役所にプロジェクトを設置。こちらは東六月町(ひがしろくがつちょう)エリアのニッポン放送アンテナ跡地、もしくは舎人(とねり)公園を使用する案を示していました。

 さらに豊島区は東池袋に、練馬区はとしまえん、光が丘公園に建設案を出していました。文京区にもありました。東京都以外には埼玉県とさいたま市がさいたま新都心(さいたま市)に「さいたまタワー」として案を示していました。

 誘致活動は自治体が主導するものから、地元の企業、住民有志が主導するものまでさまざまでした。

 自治体が声を上げる数年前の1999年、NHK・民放キー局5社は地上デジタル放送が始まる2003年までに新タワーを建設することを目指し、「タワー建設プロジェクト」を発足。そこでは新宿駅南側の線路上、秋葉原の都有地(駅前にあった駐車場、あるいは神田青果市場跡)、多摩ニュータウンなどの建設案も示されていました。

 なお、その4年後の2003年12月に同6社は新たに「在京6社新タワー推進プロジェクト」を立ち上げています。

タワー建設に求められたさまざまな条件


【画像】約75年前の東京スカイツリー周辺の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210120_tower_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_tower_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_tower_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_tower_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_tower_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/210120_tower_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/210120_tower_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/210120_tower_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_tower_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_tower_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_tower_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_tower_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_tower_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画