閲覧注意の血みどろ絵 若者たちはなぜ最後の浮世絵師「月岡芳年」に引かれるのか

若い世代を中心に静かなブームとなっている浮世絵師・月岡芳年。その魅力と背景に込められたメッセージ性について、ライターの松崎未來さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/04/200424_yoshi_08.jpg
2020年5月1日から販売開始となる『[email protected] 歌川国芳「猫飼好五十三疋」』(画像:セブンネット)
/wp-content/uploads/2020/04/200424_yoshi_09.jpg
2020年5月1日から販売開始となる『[email protected] 歌川国芳「猫飼好五十三疋」』(画像:セブンネット)
/wp-content/uploads/2020/04/200424_yoshi_10.jpg
2020年5月1日から販売開始となる『[email protected] 歌川国芳「猫飼好五十三疋」』(画像:セブンネット)
/wp-content/uploads/2020/04/200424_yoshi_11.jpg
2020年5月1日から販売開始となる『[email protected] 歌川国芳「猫飼好五十三疋」』(画像:セブンネット)
/wp-content/uploads/2020/04/200424_yoshi_12.jpg
2020年5月1日から販売開始となる『[email protected] 歌川国芳「猫飼好五十三疋」』(画像:セブンネット)
/wp-content/uploads/2020/04/200424_yoshi_01.jpg
月岡芳年の作品。左から「風俗三十二相 いたさう」、「英名二十八衆句 因果小僧六之助」(画像:太田記念美術館蔵)
/wp-content/uploads/2020/04/200424_yoshi_02.jpg
月岡芳年。出典『浮世絵大家集成.続第一巻』より(画像:大鳳閣書房)
/wp-content/uploads/2020/04/200424_yoshi_03.jpg
月岡芳年の作品。左から「魁題百撰相 阪井久蔵」、「英名二十八衆句 稲田九蔵新助」(画像:太田記念美術館蔵、個人蔵)
/wp-content/uploads/2020/04/200424_yoshi_04.jpg
月岡芳年の作品。左から「近世人物誌 近衛家の老女村岡」、「東錦浮世稿談 向疵与三」(画像:個人蔵)
/wp-content/uploads/2020/04/200424_yoshi_05.jpg
月岡芳年の作品。左から「風俗三十二相 あつさう」、「英名二十八衆句 福岡貢」(画像:太田記念美術館蔵)
/wp-content/uploads/2020/04/200424_yoshi_06.jpg
月岡芳年の作品。左から「新形三十六怪撰 蘭丸蘇鉄之怪ヲ見ル図」、「月百姿吼○(口へんに歳の旧字)」(画像:太田記念美術館蔵)
/wp-content/uploads/2020/04/200424_yoshi_07.jpg
月岡芳年の作品。「英名二十八衆句 因果小僧六之助(部分)」(画像:太田記念美術館蔵)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×