戦前の大横綱「双葉山」が敗れた日――両国の石碑に面影をたどって

  • 知る!TOKYO
戦前の大横綱「双葉山」が敗れた日――両国の石碑に面影をたどって

\ この記事を書いた人 /

合田一道(ノンフィクション作家)のプロフィール画像

合田一道(ノンフィクション作家)

大相撲初場所が真っ盛りのこの季節、思い出す取り組みがあるとノンフィクション作家の合田一道さんが振り返ります。新聞が号外を出すほどに世間を驚かせた、昭和の大番狂わせの一番です。

  • /wp-content/uploads/2020/01/200120_futaba_04.jpg
    両国駅と、両国国技館、諸宗山回向院の位置関係(画像:(C)Google)
  • /wp-content/uploads/2020/01/200120_futaba_01.jpg
    大相撲初場所が行われている両国国技館(画像:(C)Google)
  • /wp-content/uploads/2020/01/200120_futaba_02.jpg
    双葉山が敗れた瞬間を報じる東京朝日新聞(画像:合田一道)
  • /wp-content/uploads/2020/01/200120_futaba_03.jpg
    東京・両国の諸宗山回向院にある、力塚の石垣に刻まれた「双葉山定兵衛」の文字(画像:合田一道)
この画像の記事を読む

関連記事