東日本大震災の教訓 「帰宅困難者」になったときに気を付けなければならない9つの点とは

東日本大震災から早10年。首都圏に与えた影響とその課題について、防災・危機管理アドバイザーの古本尚樹さんが解説します。


首都圏全体の死者58人、負傷者1412人

 2011年3月11日、M9.0の巨大地震が発生し、東日本を大きな揺れが襲いました。そのとき首都圏で何が起こったのかを今思い返して、今後の防災・減災・備災へとつなげましょう。

 東京都総務局の資料「東日本大震災の被害概要」によれば、東京都では立体駐車場の一部崩落や天井の落下等により、7人が死亡、117人の負傷者が出ました。また6455棟が家屋の全壊・半壊し、火災は34件発生。ブロック塀が倒れる被害や道路被害、がけ崩れ、液状化等も起こりました(2012年2月時点)。さらに晴海では最大津波1.5mを観測しています。

 なお、国土交通省国土計画局の資料「首都圏における東日本大震災の被害状況について」によると、首都圏全体の死者58人、行方不明者3人、負傷者1412人となっています。

首都圏を襲う震災イメージ(画像:写真AC)

 では具体的に、地震でどのような状況になったのでしょうか。

 まずは大規模な停電で、その後は計画停電も行われました。東京電力サービスエリアにおける停電軒数は約405万軒に上り、鉄道の運行は停止しました。駅への入場を制限する鉄道事業者もあり、主要駅周辺では移動の手段を断たれた人であふれました。

 都営大江戸線、東京メトロ銀座線等の一部の区間は、20時40分に運行を再開。また京王電鉄・西武鉄道等は、22時頃から運行を再開しました。再開した各線は終夜運行したが、帰宅者が集中したことで混乱が発生。また都心の交通網がまひしたことで、自宅まで何時間も歩いて帰る人が多く生まれ、いわゆる帰宅難民(帰宅困難者)の問題が深刻化しました。内閣府の試算によると首都圏にいた人のうち、当日帰れなかった人は515万人とされています。

 東京都内の高速道路では、首都高速道路が地震による緊急パトロールと緊急点検を実施するため、全面通行止めが増加。都内の道路では大渋滞が発生しました。救急車などの緊急自動車の移動を妨げる事態になりました。

 また、東京近郊を含む広い範囲に渡って液状化現象が発生。東京臨海部で確認された面積は約42平方キロメートルと世界最大を記録しています。

千葉県ではコンビナート火災も


【東日本大震災から10年】男女500人に聞いた「災害意識」の変化

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210305_shinsai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210305_shinsai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210305_shinsai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210305_shinsai_08-150x133.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210305_shinsai_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210305_shinsai_10-150x95.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210305_shinsai_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210305_shinsai_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210305_shinsai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210305_shinsai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210305_shinsai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210305_shinsai_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画