10年で100店舗達成の焼き鳥店 ファミリー層も惹きつけた「ブルーオーシャン戦略」とは?

2019年9月16日

ライフ
ULM編集部

2009年に開業し、2019年8月31日に100店舗目をオープンした「やきとり家すみれ」。群雄割拠の焼き鳥市場で店を急成長に導いたその成長戦略について、湯澤社長に話を聞きました。

/wp-content/uploads/2019/09/190911_sumire_05.jpg
焼き鳥専門店の市場規模(全国)。この5年で140億以上の伸び(画像:エヌピーディー・ジャパンのデータを基にULM編集部で作成)
/wp-content/uploads/2019/09/190911_sumire_06.jpg
「レタス巻き」1本248円(税込、以下同)(画像:すみれ)
/wp-content/uploads/2019/09/190911_sumire_07.jpg
「濃厚鶏白湯ラーメン」698円(ハーフ498円)(画像:すみれ)
/wp-content/uploads/2019/09/190911_sumire_08.jpg
「王様レバー」1本298円。ごま油塩がオススメだそう。写真はタレ(画像:すみれ)
/wp-content/uploads/2019/09/190911_sumire_09.jpg
「から揚げ」4個498円、6個698円。最近「塩から揚げ」に一新。社長お気に入りのからあげ専門店の味に近づけるためにかなり苦労したそう(画像:すみれ)
/wp-content/uploads/2019/09/190911_sumire_10.jpg
ブーム真っ盛りのレモンサワーを新メニューに追加。その名も「よだレモンサワー」。酸っぱさを強調し、焼き鳥との相性抜群で早くも大人気とのこと(画像:すみれ)
/wp-content/uploads/2019/09/190911_sumire_01.jpg
業態が多様化して今や国民食といえる焼き鳥(画像:すみれ)
/wp-content/uploads/2019/09/190911_sumire_02.jpg
すみれ代表取締役社長の湯澤忠則さん(画像:すみれ)
/wp-content/uploads/2019/09/190911_sumire_03.jpg
「やきとり家すみれ」店内イメージ(一例)(画像:すみれ)
/wp-content/uploads/2019/09/190911_sumire_04.jpg
湯澤社長が最もお気に入りのメニューという「ひなトロ」。手羽の付け根部分に近いいわば「肩」の部分と胸肉を合わせた串。脂ののったこってりした味わいと、さっぱりとした胸肉の味わいのコンビを楽しめる(画像:すみれ)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

×