半年の試行錯誤で今や大人気に! 渋谷発のりんご飴専門店、飴と原料の相性にかけた「甘くない」日々とは

2019年8月14日

お出かけ
ULM編集部

2019年6月に日曜限定で渋谷にオープンした、りんご飴専門店「Candy apple」が人気と話題を集めています。その2号店が、自由が丘で毎月1週間限定の営業を開始。人気沸騰の秘訣を探りに、自由が丘店を訪れてみました。

/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_04.jpg
シナモンのりんご飴。表面のシナモンが独特の風味と味わいに。(画像:Candy apple)
/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_05.jpg
ブラックココアのりんご飴。ビターなココアとりんごの組み合わせが濃厚リッチな大人の味に変化。(画像:Candy apple)
/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_06.jpg
抹茶のりんご飴。甘いりんごにホロ苦い宇治抹茶が絶妙なコンビです(画像:Candy apple)
/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_07.jpg
食べ歩き用の容器に入ったりんご飴(画像:Candy apple)
/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_08.jpg
りんご飴専門店「Candy apple」のりんご飴。すべて1個600円(画像:Candy apple)
/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_09.jpg
りんご飴専門店「Candy apple」のりんご飴。すべて1個600円(画像:Candy apple)
/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_10.jpg
渋谷店でのりんご飴提供イメージ(画像:Candy apple)
/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_11.jpg
渋谷店でのりんご飴提供イメージ(画像:Candy apple)
/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_12.jpg
渋谷店の店内飲食限定のチョコレートフォンデュのりんご飴 1000円(画像:Candy apple)
/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_13.jpg
自由が丘店の外観(8月8日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_14.jpg
自由が丘店のテイクアウト用のりんご飴(8月8日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_15.jpg
自由が丘店のテイクアウト用のりんご飴(8月8日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_01.jpg
「Candy apple」のりんご飴。1個600円(画像:Candy apple)
/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_02.jpg
カットした、プレーンのりんご飴(画像:Candy apple)
/wp-content/uploads/2019/08/190809_candyapple_03.jpg
渋谷店でのりんご飴提供イメージ(画像:Candy apple)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

×