神社1階になぜか居酒屋が――混沌と猥雑の迷宮街「鶯谷」をゆく【連載】東京色街探訪(5)

かつて「色街」として栄えた東京・鶯谷は、形を変えながら今もその足跡を色濃く残す街。紀行ライターのカベルナリア吉田さんが鶯谷の過去と現在をたどります。


昭和が香る駅舎から散策スタート

 JR山手線の鶯谷駅で降りました。南口改札に向かう通路の屋根や柱は……木造? そして改札を出て振り返り、改めて駅舎を見て、その簡素な佇まいに驚きます。

昭和を感じさせる駅舎を出ると、北口前には大衆居酒屋の数々(画像:カベルナリア吉田)

 瓦葺き三角屋根の駅舎は、まるで昭和の一軒家。東京の大動脈・山手線の、しかも上野の1駅隣に、こんな駅が残っているなんて。

 駅は高台にあり、南西側は台東区上野桜木町。徳川家の鎮守である寛永寺があり、周囲にその子院も点在する閑静な寺町です。一方の北東側は谷底のように低く、眼下遥かをJRの線路が何本も通り、その向こうの「下界」に街が広がっています。

 こちらは一転して住宅とビルがひしめき、そしてホテルが何軒も建っています。といっても全国チェーンのビジネスホテルは少なく、なんだか大人な雰囲気の建物ばかりです。

 鶯谷は東京を、そして日本を代表する一大ホテル街。吉原も近く「東京きっての色街」と言っても、過言ではありません。

昔はウグイスが鳴く「根岸の里」


【画像】神社1階にある「居酒屋」など(9枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/20313_uguisu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/20313_uguisu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/20313_uguisu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/20313_uguisu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/20313_uguisu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/20313_uguisu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/20313_uguisu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/20313_uguisu_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/20313_uguisu_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/20313_uguisu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/20313_uguisu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/20313_uguisu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/20313_uguisu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画