行政書士通信講座のおススメ15社を徹底比較!

  • 全国
  • 行政書士
行政書士通信講座のおススメ15社を徹底比較!

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

編集部

ライターページへ

忙しい社会人や初心者が行政書士の資格取得を効率的に目指すなら通信講座がおすすめ。独学に比べ合格率が高く、スマートフォンひとつで学習ができる講座もあります。通信講座の選び方には費用やテキストなどさまざまなポイントがありますので、合格率、合格実績の高い講座などの観点からおすすめの講座を15社徹底比較しています。

 行政書士は受験制限がなく、誰でも受けられる法律系資格です。

「行政書士の資格を取ってキャリアアップしたい」

「行政書士資格を転職のアドバンテージにしたい」

「自分で独立開業を目指したい」

 など、行政書士を目指す理由はさまざまですが、行政書士試験の平均合格率は毎年10%前後となっており、簡単に合格できる試験ではありません。

 なぜなら行政書士試験合格を目指すためには幅広い知識を学習する必要があり、学習時間の確保や効率的な学習が必要不可欠だからです。

 働きながら行政書士試験突破を目指すみなさんはこのような悩みをお持ちではありませんか?

  • 短期間で行政書士試験に合格したい
  • できれば一発で合格したい
  • 学習が続けられるか不安

 そこで、今回は行政書士試験に短期間で合格を目指せる通信講座をご紹介します。

「通信講座って独学と何が違うの?」

「費用はなるべく抑えたい」

 といった通信講座によくある悩みを解決しながら、おすすめの行政書士通信講座を紹介しますので、ご自分に合った講座を見つけていきましょう。

行政書士試験は通信講座がおススメ

 行政書士合格のための学習時間は800~1,000時間と言われています。

 法律の知識や業務経験のない初学者の方であれば、だいたい1,000時間を学習時間に充てることになるため、1年で合格を目指すためには1日2~3時間の学習時間の確保が必要です。

 しかし働きながら、育児をしながら行政書士合格を目指す方には1日2~3時間の学習時間の確保は難しいのではないでしょうか。

 そこでおすすめなのが「通信講座」です。

 通信講座には

  • 通勤・通学時のスキマ時間にスマートフォンで勉強できる
  • 法律分野の初学者でもわかりやすいテキスト・カリキュラムになっている
  • 難しい法律用語でも専門の講師によるかみ砕いた説明が受けられる

 というメリットがあります。

 これから行政書士を目指す方はぜひこれから紹介する通信講座をチェックしてください。

行政通信講座を選ぶコツ

 行政書士講座を検索するとたくさんの講座が出てきて迷ってしまう方も多いかもしれません。

 特に初めて勉強する方はどの講座が自分に合っているのかわからないのではないでしょうか。

 通信講座は通学より費用が安いと言っても、それなりにお金がかかるため、講座選びに失敗したくないという気持ちもあるでしょう。

 行政書士講座を選ぶコツは2つあります。「合格率・合格者実績で選ぶ」ことと、「勉強のしやすさで選ぶこと」です。

合格率・合格者実績で選ぶ

 合格率・合格者実績で選ぶべき理由は以下の2点です。

  • 合格率・合格者実績が高い=教材が優れている
  • 合格率・合格者実績が高い=講座のサポートが手厚い

 難解な法律問題を理解するためには、優れた教材が必要です。特に、初心者の方であれば、イラストや図解入りの詳しい解説があると勉強が進みやすくなります。

 また、勉強のモチベーションを保つ上で「講座のサポート」も重要です。勉強の進捗管理・質問制度・記述式問題の添削指導などは、受験生にとって心強いサポートになります。

 ですから、初めて行政書士試験にチャレンジする方にこそ「合格率・合格者実績の高い」講座をおすすめします。

勉強のしやすさで選ぶ

 行政書士の通信講座を選ぶ際に、もう1点重視した方がいいポイントは「勉強のしやすさ」です。

 勉強のしやすさはそれぞれのライフスタイル・好みによって違いますから、教材をじっくり比較した方がいいでしょう。

 例えば仕事で残業が多い方におすすめなのは「web学習メイン」「教材ダウンロードができる」ものです。

 学習時間の確保が難しい方は「スキマ時間」の有効活用が合格への近道です。そのため以下のような教材のある講座を選ぶといいでしょう。

  • 講義が配信されいつでもどこでも受けられる(ダウンロードできるタイプだと通信状況に影響されないのでおすすめ)
  • 短期間の学習が可能な倍速再生できる動画・音声
  • 見たい時にいつでも見られるwebテキスト・問題集

 テキストは「いつでも見られる」という点ではweb配信やダウンロードテキストの方が便利ですが、「紙に直接書き込みたい」「情報を俯瞰で見たい」という方は紙のテキストが向いている場合もあります。

 PDFを印刷できたり、紙のテキストが別についてくる講座もあります。

 「自分がどうしたら勉強がしやすいか」「自分にとって挫折しにくい講座はどれか」というポイントで選ぶといいでしょう。

行政通信講座のおススメ15選

 行政書士通信講座は講座によって学習方法やカリキュラムが違うため、迷ってしまう方も多いでしょう。

 そこでここからは、おすすめ15社の講座の特徴と費用、合格率、合格実績など、講座を選ぶ際に重要なポイントを交えながら講座を紹介していきます。

「自分はどんな講座が向いているだろう?」「どんな講座だったら続けられそうかな?」というポイントを意識しながら見ていってください。

スタディング

スタディング行政書士バナー

スタディングは学習の効率化を重視した通信講座です。

 効率的な学習ができるよう、短期合格者の勉強法を研究して開発された講座なので

  • スキマ時間の活用
  • 最適な順番での学習

 ができるカリキュラムとなっています。

「学習に順番が関係あるの?」と思った方もいるかもしれません。

 スタディングでは試験に最短で合格するために「試験問題の練習をしながら実力をつける」ことを重視しています。

 そのため、学習したことはすぐにアウトプットできるよう、問題演習がカリキュラムに組まれています。

 このカリキュラムに沿って学習していくことで、自然と最適な順番で知識のインプットとアウトプットができるのが、スタディングの学習法です。

スキマ時間を徹底活用!スマートフォンで完結するスタディングの通信講座

 スタディングは「勉強時間が取れない!」という方のために、パソコン・スマホ・タブレット・音楽再生プレーヤーで受講が完結するスタイルです。

 分厚いテキストがなく講義はすべてweb上で完結します。動画と音声の再生スピードも選べるため、通勤電車や昼休みのスキマ時間を徹底的に活用可能です。

 また、スタディング独自の「スマート問題集」では、4つのモードを搭載しています。

  • 練習モード(一問一答形式)
  • 復習モード(自分でチェックをつけた問題をくり返し解ける)
  • 本番モード(全問を制限時間で解く)
  • 問題・解説一覧表示(問題と解説を一気に確認できる)

 受講のインプットだけでなく、問題演習のアウトプットもスマホやパソコンで完結するため、問題演習にありがちな「机に座る時間が取れない」という悩みなしで、問題演習に取り組めます。

 スタディングの行政書士講座は無料で体験することができるため、動画や問題集が自分に合っているか、そして「自分がもっているパソコンやスマホなどで講義を受けられるか」を確認できます。

「せっかく申込みしたのに動画が見られない!」という事態を避けるためにも、まずは無料講座に登録してみましょう!

机と教科書がなくても大丈夫!スマートフォンを開くだけの簡単学習法

 スタディングの学習システムの大きな特徴は「机に座らなくても勉強できる」ことです。

「資格取得試験のための勉強」は「机に座ってガッツリ勉強しないといけないのでは?」と思いがちですが、スタディングの学習システムは違います。

 働きながら資格取得を目指す方のための「スキマ時間が徹底的に生かせる学習システム」では、電車や自動車での通勤時間にスマホで動画・音声を使ってインプットができ、昼休みなどに問題演習でアウトプットができます。

 そして帰宅後に復習として時間を使うことができるため、短期間でも効果的に合格を目指せます。

 また、スタディングの学習スタイルではスマホやパソコンがあればどこでも勉強ができるため、スケジュールを立てやすいのも大きな特徴です。

 休日は家族で過ごしたいという方でも「土曜の午前中」「日曜の午後」「平日の早朝」のように自分で学習計画が立てられるため、プライベート・試験勉強・仕事が両立でき、無理なく続けられるのも大きな魅力です。

コース名・受講料金【2023年度合格目標】
・行政書士合格コース ミニマム:34,980円
・行政書士合格コース スタンダード:44,000円
・行政書士合格コース コンプリート:59,400円
キャンペーン・スキルアップ割引制度
教材内容基本講座
わかりやすい図解と丁寧な解説で覚えにくい法律知識もスッキリ理解できる。 試験の頻出ポイントや覚え方のアドバイスも解説。 1.5倍速、2倍速版もあり。

WEBテキスト
基本講座の内容をベースに、補足や試験対策に役立つ情報を加えたオンラインテキスト。 講座を観た後じっくり復習するときに便利。スマホやタブレット等でいつでも参照できる。

スマート問題集
基本講座で学んだ内容を確実に覚えるための一問一答形式の問題集
講座ダウンロードの可否スタディングアプリで可能
サポート内容・勉強仲間機能
・学習フロー、学習レポート機能
受講形態オンライン
受講期間ミニマムコース
基本講座:約34時間
スタンダードコース
基本講座:約34時間
過去問解法講座:22時間
記述式解法講座:約14時間
コンプリートコース
基本講座:約34時間
過去問解法講座:22時間
記述式解法講座:約14時間
合格のための論点200:約13時間30分
教育訓練給付金非対象
合格実績
お祝い金の有無

アガルート

アガルート行政書士バナー

アガルートの行政書士講座は「まったくの初学者」「学習経験のある方」向けで講座が分かれています。

「これから行政書士を目指したい!」という方も「以前学習していたけれど、挫折してしまった」という方でも、1年で行政書士試験合格が狙えるカリキュラムが用意されています。

 アガルートの行政書士講座は「合格実績が高い」というのが特徴です。

 令和3年度の合格実績は次の通りです。

  • 初学者の合格率・・・37.9%(全国平均の約3.39倍)
  • 複数回受験者の合格率・・・46.15%(全国平均の4.13倍)

 これから具体的にアガルートの行政書士講座の特徴をご紹介します。

高い合格実績の秘密はテキストとオンライン講義!自分に合った講師が選べる

アガルートの行政書士講座の強みは合格実績が多数あることです。

 受講者を「まったくの初学者」「学習経験者」によって講座を分けることで受講者に最適化されたカリキュラムを選べます。

「まったくの初学者」におすすめなのが「入門総合講義・入門総合カリキュラム(フル・ライト)」です。

 こちらの講座は「初学者が」「短期(1年)で」合格を目指す内容となっており、下記のような特徴があります。

  • 出題カバー率93%のテキスト
  • 選べるクラス(豊村クラス、相賀クラス)
  • 択一式 約530問、記述式 約30問の大ボリュームの演習
  • 充実のフォロー制度(回数無制限の質問)

 アガルートはオンラインの講義配信や製本テキストを使った「オンライン予備校」なので、講座はすべてオンライン(web)上で受けられます。

 また、ネット環境がない中で勉強する方のために、講義動画やテキストを収録したUSBを別途購入することで、本当に「環境を選ばない」学習が可能です。

 アガルートの行政書士講座は無料で資料請求ができます。

 資料請求ではテキスト1冊と講義動画約14時間分を無料で見ることができます。

 2人のカリスマ講師の授業のどちらか一方を選択可能です。

 資料請求では両講師の講座を見られるため、自分に合いそうな講座を見極めていきましょう。

レベル別プログラムで初心者でも安心 短期合格も夢じゃない

 アガルートの合格実績を支えているのが、レベル別に構成されたプログラムです。

 以下の例は学習期間を1年に設定したカリキュラムですが、短期間で合格を目指す方のために「スピード学習カリキュラム」も用意されています。

  • これから行政書士の学習を始める「初学者」・・・入門総合講義/入門総合カリキュラム
  • 行政書士試験の学習経験のある「中・上級者」・・・中上級総合講義/中上級総合カリキュラム
  • 合格まであと一歩の「上級者」・・・上級総合カリキュラム

「今年度の行政書士試験に合格したい!」という方でも挑戦・合格が十分に狙えるカリキュラムとなっているため、自分に合った期間・難易度のプログラムを選べるのがアガルートの良い点でしょう。

 他にもアガルートでは、次のようなオリジナルコンテンツを用意しています。

  • 無料で何度でも講師に質問ができる「Facebook質問対応」
  • 受講生の悩みに月1回YouTubeライブ配信で答える「豊村慶太のAWSOMEコンサルティング」
  • 短期学習の学習スケジュールを説明する「速習カリキュラム講座ガイダンス」

「通信講座は質問する機会がなさそう」「一人で勉強が続けられるか不安」という悩みを持つ方でも、講師に直接質問ができるため、孤独を感じず、わからない点はすぐに解決できる点も大きなおすすめポイントです。

 合格への近道は、自分に合った教材と講師を見つけるところからスタートします。

 自分に合った講座を見つけるためにも、無料の資料請求をしてみましょう。

コース名・受講料金・入門総合ライトカリキュラム:160,160円
・入門総合フルカリキュラム:183,260円
・中上級総合ライトカリキュラム:206,360円
・中上級総合フルカリキュラム:221,760円
・上級総合ライトカリキュラム:137,060円
・上級総合フルカリキュラム:160,160円
キャンペーン・早期キャンペーン
・家族割引
・グループ割引
教材内容・音声ダウンロード可能、8段階の速度調整ができる講座
・出題カバー率93.48%のテキスト
・択一式約530問、記述式約30問の演習量
講座ダウンロードの可否
サポート内容・Facebookで講師に何度でも無料で質問できる
・勉強方法やメンタルをサポートするコンサルティング
受講形態オンライン
受講期間・入門総合ライトカリキュラム:約266時間
・入門総合フルカリキュラム:約340時間
・中上級総合ライトカリキュラム:約320時間
・中上級総合フルカリキュラム:約395時間
・上級総合ライトカリキュラム:約132時間
・上級総合フルカリキュラム:約206時間
教育訓練給付金
合格実績令和3年合格者217名
合格率42.14%
お祝い金の有無お祝い金Amazonギフト5万円
または全額返金

クレアール

クレアール行政書士バナー

クレアールは独自の「非常識合格法」でカリキュラムを組んでいる通信講座です。

「非常識合格法」とは合格に向けて範囲を絞った学習法です。

  • 正答率40%以上の問題の絶対得点を狙う
  • よく出題される「憲法」「民法」「行政法」を攻略する
  • 選択式・記述式試験はあきらめないで得点を狙う
  • 条文の多い「商法」「会社法」に多くの時間を割かない
  • 一般問題は簡単な問題を確実に得点する

 以上5点を確実に守って、「合格必要得点範囲」に絞って学習することで、効率的に合格を目指していく学習法です。

非常識学習法とVラーニング 独自のカリキュラムでコスパのいい合格を目指す

 クレアールでは「非常識合格法」のカリキュラムとして「Vラーニング」を採用しています。

「Vラーニング」とは「合格必要得点範囲」を効率的に学習するためのメソッドで、時間に縛られることなく自分のペースで学習できます。

 クレアールでは行政書士試験合格のための知識を正確に理解・記憶するため、単元別講義を行っています。

 さらに従来は1講義2時間半だった単元別講義を30分に細かく分けることで、インプットに集中できるようになっています。

 また、集中しやすいよう各講義の学習内容と目的を明示してあるため、講義に集中できるだけでなく、復習時にピンポイントで内容が確認できるようになっています。

反復学習がしやすい「マルチパス学習ルート」

 クレアールの学習テキストでは、記憶を定着させるため、反復学習に注力しています。

「新たな単元を学ぶ+過去の単元の復習」をセットにしたカリキュラムのため、一度学習したところを忘れる前に記憶として定着させることができ、効率的に合格を目指せるという仕組みになっています。

 クレアールの行政書士通信講座は「合格に必要な基礎はしっかり学習し、出題範囲が広い一般科目に労力を割かない」という学習スタイルですから、「時間がない」「とにかく今は行政書士試験合格だけを目指して、不要な労力はかけたくない」

 という方におすすめの通信講座です。

 クレアールでは30日間講義が無料で受けられる「無料お試し受講」が用意されています。

 内容は下記の4点となっており、実際の講義を体験できるのが大きなメリットです。

  • 憲法・民法・行政法の講義動画
  • マルチパステキスト(PDFデータ)
  • 過去問題集(PDFデータ)
  • 過去問webテスト(一問一答形式)

 講座内容、講師との相性など、自分に合っている講座かどうかを見極めるのは、学習を続けるために重要です。

 パソコン等の動作環境のチェックも含めて、講座申し込みの前に、お試し受講をしてみましょう。

 そして先着で「非常識学習法」のノウハウが詰まったオリジナル書籍がもらえるため、気になる方はクレアールの通信講座の資料請求をしてみましょう。

コース名・受講料金・2023年合格目標カレッジスタンダードコース:125,000円
・2023年合格目標カレッジコース:169,000円
キャンペーン・学割
・20代、30代割引
・受験経験割引
・有資格割引
・受講生割引
・期間限定価格
教材内容・「満点」を目指さず「合格基準」を超える学習をすることで短期間で効率よく学習可能。
・実際の試験で高い的中率を誇る教材
講座ダウンロードの可否
サポート内容・メール・電話で質問可能(無料、回数制限なし)
受講形態オンライン
受講期間・2023年合格目標カレッジスタンダードコース:211時間
・2023年合格目標カレッジコース:225時間
教育訓練給付金
合格実績2021年合格者105名
お祝い金の有無無し

フォーサイト

 フォーサイトの行政書士講座のおすすめポイントは何といっても合格率の高さにあります。

 全国平均の11.8%に比べ、38.0%となんと3.4倍となっています。
 また、もう1つのおすすめポイントが合格までの期間が短いことです。

 一般的に、行政書士試験に合格するための平均学習期間は12カ月と言われている中、フォーサイトでは3分の1の4カ月という学習期間で合格した人も。

 このように、初学者でも短期間で合格できる効率的なカリキュラムが、フォーサイトの行政書士通信講座の大きな特徴です。

最短合格を目指す!「合格点主義」のテキスト

 フォーサイトのテキストの最大の特徴は「満点主義」ではなく「合格点主義」というところにあります。

 行政書士講座にありがちな「何でも網羅しているテキスト」は安心感がありますが、効率が悪く、短期間で合格を目指す方にとってはおすすめとは言えません。

 その点、フォーサイトの「合格点主義」のテキストは違います。

 合格ラインを突破するために特化されたこだわりのフルカラーテキストの特徴は、必要十分な知識を網羅し、見やすく、読みやすい色分けで重要ポイントを網羅しており、多すぎずちょうどよいボリュームとなっています。

 とは言え、「的を絞ったテキストで本当に合格できるの?」「テキストの的が外れていたらどうするの?」という不安や疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

 フォーサイトでは、受講生の不安を解消するためにオリジナルの「テキスト分析・改訂システム」を使い、出題傾向を選択肢ごとに分析し、分析結果をもとにテキストを改訂しています。

 重要度の高い論点に絞っているため、勉強量を増やさずに合格が狙えるテキストとなっています。

 フォーサイトでは資料請求で実際のテキストと同じフルカラーテキストを試すことができます。

 資料請求でもらうことができるテキストは以下の通りです。

  • サンプルテキスト/問題集
  • サンプル講義DVD
  • 講座案内
  • 合格体験記
  • eラーニング無料試用版

 eラーニングは申込から14日間、無料で試すことができますので、気になる方は資料請求をしてみましょう。

Manabunでいつでもどこでも 最適化された学習システムで合格まで駆け抜けよう

 フォーサイトでは独自のe-ラーニングシステム「Manabun」を採用しています。

 eラーニングシステムの「ManaBun」は、机に向かって勉強しなくても、パソコン、タブレット、スマートフォンなど、自分が持っているデバイスで学習することができます。

 「テキストだけではわかりにくい」という難しい箇所は、講義で学習をサポートすることができます。

 各種講義の動画・音声データはダウンロードが可能なので、通信環境がない場所でも、事前に用意しておけばいつでも勉強ができるのもうれうれしいポイントです。

 講義はテレビ局と同じクオリティのスタジオで収録され、ノイズや講師の口癖を丁寧に取り除いているため、聞き取りやすく集中しやすいのが特徴です。

Manabunの特徴は次の5つです。

  • 手持ちのデバイスで「いつでも」「どこでも」学習ができる
  • 講義動画・音声をスキマ時間に見られる
  • デジタルテキストのダウンロードで外出先でも学習ができる
  • 「過去問一問一答演習」(※バリューセット3限定)で個別の問題演習ができる
  • 学習スケジュールの自動作成

 Manabunのデジタル教材はスキマ時間に効率的に学習ができるように、「教材の単元を最大15分で区切る」「ダウンロード可能」など工夫されています。

 働きながら行政書士試験合格を目指す方にとって、効率的な学習法は「スキマ時間を徹底活用する」こと。

 そのためフォーサイトでは最大15分のように短く区切った講義動画・音声を教材にし、スキマ時間を無駄にしない教材が用意されています。

 また、バリューセット3限定にはなりますが「過去問一問一答演習」では受講生の学習データをもとに、得意不得意に応じた問題演習が可能です。

 学習の習熟度が上がればオリジナル模試にも挑戦できるため、モチベーションもキープしながら学習できるのもおすすめポイントです。

 そして、最後は学習の効率化を押し上げるための「スケジュールの自動生成」機能です。

 Manabunでは受講生の生活スタイルを入力するだけで、個別の学習可能時間を計算し、学習スケジュールを自動で立ててくれるため、最適な学習計画に沿って進めることができます。

「やらなければいけないけれど、一日にどのくらい勉強すればいいのかわからない」「学習スケジュールを立てるのがめんどくさい」という方にぴったりの機能です。

 学習の進捗管理をスケジュールに沿って自動で行ってくれるため、自分の学習状況を把握しやすいのも大きなメリットと言えるでしょう。

 このようにフォーサイト独自のe-ラーニングシステム「Manabun」には短期間で合格を目指すための効率化メソッドが詰まっています。

コース名・受講料金・バリューセット1 2023年試験対策:54,800円
・バリューセット2 2023年試験対策:76,800円
・バリューセット3 2023年試験対策:94,800円
キャンペーン・ダブルライセンス割引制度
教材内容・合格者200名の95%が満足した教材
・テキストには合格に必要な知識だけが書かれている
・理解が難しい部分は図表やフローチャートで説明
・専用スタジオで収録した高品質な講義動画
・1コマ最大15分の講義動画は隙間時間学習に最適
講座ダウンロードの可否
サポート内容・専任の合格者スタッフによる充実の質問受付(上限あり)
受講形態オンライン
受講期間合格講座:90分
入門講座:95分
基礎講座:約47時間
過去問講座:約14.5時間
直前対策講座:約5時間
教育訓練給付金・バリューセット1、2、3
合格実績2021年度実績200名が合格 (合格率38.0%)
お祝い金の有無Amazonギフトコード2,000円分

資格スクエア

 資格スクエアは最短4カ月で行政書士試験合格を目指すカリキュラムです。

 資格スクエアが向いている人

  • 今まで長期間学習を挫折してきた人
  • 学習へのエネルギーを短期間で使い切りたい人
  • 効率の良い学習で今年度度の行政書士試験にどうしても合格したい人

 資格スクエアでは「今年の合格」にフォーカスしているため、4か月後の試験であっても十分に合格が狙えるカリキュラムとなっています。

「どうしてそんなに短期間で合格ができるの?」「他の講座と違って短期合格を目指せるのはなぜ?」と疑問に思う方のために、資格スクエアがどうして短期間合格を目指せるのか、その学習カリキュラムについて説明していきます。

講師歴20年 難関試験に一発合格したカリスマ講師の「劇場型講義」

 資格スクエアの行政書士講座は、「短期間での行政書士試験合格」「一発で行政書士試験合格」を目指す方向けに開発されたオリジナルカリキュラムです。

 資格スクエアの行政書士講座の最大の特徴は「4カ月で行政書士試験の一発合格を目指す」というカリキュラムの作り方にあります。

 講師の森広志さんは平成15年度の「合格率2.89%」の行政書士試験に「学習期間3カ月」で「一発合格」を果たした実績の持ち主です。

 行政書士として業務の傍ら、大学受験指導塾での講師をしていた経歴を活かし、大手行政書士指導校で講師活動をスタートさせ、今では20年のキャリアと実績を持つ“短期合格のスペシャリスト”です。

 資格スクエアの学習カリキュラムは、森広志講師が「今年出うる論点」に講義の的を絞っているため、短期間で効率よく学習することができます。

 森広志講師の「講師歴20年」の経験を活かした劇場型の講義スタイルは、オンライン完全対応のため、忙しい社会人でもスキマ時間を活用しながら講義を受けられ、短期でも合格を目指せるカリキュラムとなっています。

 資格スクエアの行政書士 4カ月合格講座では無料講義体験が受けられます。

 この無料講義体験は以下のような内容になっています。

  • 実際の講義スタイルを再現したミニ講義×6本が見放題
  • 講義画面のweb機能(一部)がお試しできる

「森講師の授業が合わなかったらどうしよう」「そんなにわかりやすい講義なの?」とお思いの方も、実際の講義に近いミニ講義を体験できるので、受講を決める際の参考になりおすすめです。

 4カ月合格を目指す森講師の講義をぜひ見てみたい!という方はお申込みフォームから体験講座を受けてみましょう。

「4カ月」で絶対合格を目指す!長期学習で挫折した方こそ資格スクエア

 資格スクエアの学習システムの最大の特徴は、「今年の合格を4カ月で目指す」という点にあります。

 冒頭でもお伝えした通り、行政書士試験合格のための学習時間は800~1,000時間と言われており、1年を目安に学習計画を立てている講座がほとんどですが、資格スクエアの行政書士講座の学習期間はなんと「4カ月」です。

 そのため講座開始の7月~10月の4カ月で合格できるように特別にカリキュラムが組まれており、9月までにインプットを完了、10月からはアウトプットに集中するという学習計画となっています。

 独学や通信講座では「自習時間の確保」とともに「継続する力」も必要になってきます。

 資格スクエアの学習カリキュラムは4カ月と短期集中型となっているため、「1年の長期では中だるみが心配」「学習計画を立てて継続するのが自分にはできなさそう」という方におすすめの通信講座です。

コース名・受講料金●23年度合格森Tの1年合格講座
・質問機能ありプラン:165,000円
・質問機能なしプラン:154,000円
●森Tの4カ月合格講座:99,000円
キャンペーン・受講生割引:再チャレンジで50%オフ
教材内容●オリジナルインプットテキスト5冊
●オリジナル過去問集
●一般知識用テキスト
・マーカーやメモ書きをしっかり目立たせる「主張しすぎない」フルカラーテキスト
・テキストは図やイラストが豊富で各テーマの要点を押さえやすい
・長期間の勉強にも耐えうるしっかりしたつくりのテキスト
講座ダウンロードの可否オプションあり(3.85万円) 早期購入特典で無料DL可
サポート内容・ワンクリック質問機能:講義画面下から質問可能
・講師とのZOOM相談会イベントがあり学習進捗や勉強法に関する質問が可能
受講形態オンライン
受講期間・1年合格講座:230時間程度
・4カ月合格講座:100時間
教育訓練給付金
合格実績
お祝い金の有無合格お祝い金1万円

TAC

 TACは「資格の学校」として通学スタイルの資格予備校として抜群の知名度があります。

 しかし、TACには実は通学しなくても学べる「通信講座」があります。

 TACの通信講座の特徴は次の3点です。

  • 教材をオンラインまたはDVDのどちらか選べる
  • スクーリング(通学)も可能
  • 随時入学可能

 最大の特徴は「スクーリング(通学)も可能」という点ではないでしょうか。通信講座は自分のペースで学習ができる反面、自律心がないとだらだらと時間だけが過ぎてしまう、学習スケジュール通りに進まず、焦ってしまう、などのデメリットもあります。

 その点、TACの通信講座では追加料金なしでスクーリングが可能なので、切り替えを行いたい時に通学してみる、わからない点を質問するために通学する、など、用途に応じた教室の使い方ができます。

 また、スクーリングだけでなく通学に変更(転入)も可能なので、「やっぱり通学したい!」という方にTACはおすすめです。

教材はTACだけでOK 基礎マスター教材で初学者も安心

 TACのオリジナルテキストは、最新試験に対応できるよう毎年改定をしています。

「基本問題集」「過去問集」は記憶がしやすいよう視覚効果を考えて作成されているため、図表やマークで理解がしやすくなっています。

 テキストには重要度が示されているため、復習する際に優先順位がつけやすいのも特徴です。

 幅広い分野を取り扱う行政書士講座ですが、TACのオリジナル教材さえあれば他の補足テキストを買う必要がなく、他に料金がかからないのも安心して学習ができるメリットとなっています。

 初学者向けのコース「プレミアム本科生Plus」には「基礎マスター」という講座があり、初学者でもわかりやすいように法律用語をかみ砕いて説明、図表を多く取り入れた説明を行っています。

 そのため、法律の勉強がまったく初めての方でも「基礎マスター」の受講で本講義へのスムーズな移行ができるようになっています。

コース名・受講料金・プレミアム本科生Plus 教室講座/Web通信講座:各264,000円
・プレミアム本科生Plus DVD通信講座:297,000円
・プレミアム本科生 教室講座/Web通信講座:各242,000円
・プレミアム本科生 DVD通信講座:275,000円
キャンペーン●早割キャンペーン第1弾:10/31まで
・プレミアム本科生Plus:77,000円OFF
・プレミアム本科生:66,000円OFF
教材内容・最新の試験傾向と法改正に対応、毎年改訂するオリジナル教材
・図解やマークを取り入れた見やすく使いやすい教材
・講義と教材が連動し、二つを学習しているうちに自然に知識が身につく
講座ダウンロードの可否オプションあり(3.85万円) 早期購入特典で無料DL可
サポート内容・教室講座では講義前後に、通信講座では質問メールで質問可能(回数制限あり)
・全国のTAC校舎の自習室を利用可能
受講形態通学、オンライン、DVD
受講期間12カ月
教育訓練給付金・プレミアム本科生Plus
・プレミアム本科生
合格実績2021年合格者数:118名
お祝い金の有無

LEC東京リーガルマインド

 LEC(東京リーガルマインド)の行政書士講座の特徴は模試の豊富さにあります。

 LECでは本番の行政書士試験と同じ形式の模試を7月から10月まで、毎月1回、合計4回実施するほか、10月には「ファイナル模試」「厳選!直前ヤマ当て模試」の2回を追加し、合計6回の模試を行っています。(2021年度実績)

 個別に学習計画や進捗を把握していても、いざ試験になると勝手が違う、ということはよくあります。

 模試を数多くこなすことで自分の弱点を見つけられるだけでなく。実際の試験に向けたペース配分を計画的に考えることができるため、実力を確実に伸ばしたい方にLECの行政書士講座はおすすめです。

圧倒的低価格!すべてオンラインの「S式合格講座」

 LECには受講価格45.000円~という低価格の講座があります。

「低価格の講座では合格率が低いのでは?」という心配もありますが、LECの「S式合格講座」では受講生の合格率は35%(2021年度実績)。

 2021年度の行政書士試験合格率が11.18%ですから、その差は3倍以上となっています。

 LECの「S式合格講座」では講座はすべてスマートフォンで受講ができます。また、「アプリ問題集による一問一答演習」「記述式対策講座」がすべてスマートフォンで受けられるため、スキマ時間を有効活用した学習ができます。

 そのため、「時間がない」「お金がかけられない」という方でも、最小限のコストで最大限の結果が出せるカリキュラムが「S式合格講座」です。

 LECの「S式合格講座」は無料体験で鎌田講師と横溝講師の講義をそれぞれ1時間ずつ体験できるので、気になる方は無料受講体験をしてみてはいかがでしょうか。

コース名・受講料金●パーフェクトコースSP
・通学/Web通信:各255,000円
・DVD通信:293,000円
●パーフェクトコース
・通学/Web通信:各235,000円
・DVD通信:270,000円
キャンペーン・早得:10/31まで最大6万円引き 以降2~4弾まで割引予定
・LEC他資格割引
・説明会当日申し込み割引
教材内容・試験データに基づき作成されたメインテキスト
・初学者が戸惑う民法と行政法に重点を置いたカリキュラム
・メインテキストとアウトプット教材がリンク
講座ダウンロードの可否
サポート内容・「教えてチューター」で講義や教材に関する専門のフォロースタッフに質問可能(無料・無制限)
受講形態通学、オンライン、DVD
受講期間12カ月
教育訓練給付金・行政書士パーフェクトコース(通学、Web通信、DVD通信)
合格実績パーフェクトコース受講生合格率53.8%
※2021年パーフェクトコースに含まれる模試3回全てを受験した方のうち、いずれか1回でも模試の得点が180点を超えた方
お祝い金の有無

オンラインスクール(オンスクjp)

オンスク行政書士バナー

 オンスク.jpの行政書士講座はすべてwebで完結することができます。講義動画をはじめ、問題演習やテキストはwebで閲覧できる上、ダウンロード教材もついている上、学習の進捗管理もwebでできるため、スキマ時間を有効活用できる講座となっています。

行政書士以外の講座も受けられる!講座のサブスクリプション「ウケホーダイ」

 オンスク.jpが他の行政書士講座と違う点は「月額定額料金で、行政書士講座“以外”の講座も受け放題」というところです。

 みなさんは「行政書士の資格を取るにはどの講座がいいのかな?」という気持ちでこの記事をご覧になっている方がほとんどだと思いますが、オンスク.jpでは行政書士と並んで受講を検討されることが多い「宅建(宅地建物取引士)講座」など、他の講座も並行して受けられるため、

  • 自分に合った資格を見つけたい
  • 同時並行で色んな資格にチャレンジしたい
  • 行政書士以外にも法律系の資格取得をめざしたい
  • 他にどんな講座・資格があるのか体験してみたい

という方におすすめです。

 オンスク.jpの「ウケホーダイ」では1,078円(税込)~という低価格で資格取得、ビジネス、趣味教養に生かせる60以上の講座を好きなだけ受講することができます。

 無料体験では60以上の講義動画が閲覧でき、問題演習もお試しができるので、行政書士以外に気になる講座・資格がある方におすすめの通信講座といえるでしょう。

コース名・受講料金・行政書士講座
・月額プラン:1,078円/1,628円
・一括プラン:6カ月7,400円、9カ月10,800円、12カ月14,000円
キャンペーン
教材内容・講義カリキュラムに紐づくPDFテキスト
講座ダウンロードの可否
サポート内容・学習状況が把握できる進捗機能付き
受講形態オンライン
受講期間約25時間
教育訓練給付金
合格実績
お祝い金の有無

キャリアカレッジジャパン

 キャリアカレッジジャパン(キャリカレ)の行政書士講座は「最短4カ月」「120日間」とうたっている通り、学習期間4カ月で合格を目指すカリキュラムとなっています。

 キャリカレの行政書士講座は「不合格なら全額返金保証」「合格すれば2講座目が無料で受講できる」という「合格した場合のメリットが大きい」ことが大きな特徴といえるでしょう。

「不合格なら全額返金保証」! その他充実したアフターサービス

 キャリカレの行政書士講座の「不合格なら全額返金保証」制度にびっくりした方もいらっしゃるでしょう。

「どうしてそんなに自信があるの?」と疑問に思ってしまいますよね。キャリカレでは学習中から資格試験合格後まで、サポートが手厚いのがキャリカレの特徴といえます。

  • テキスト:出題範囲・出題形式を徹底的に分析
  • 指導方法:講師によるマンツーマン指導・サポートスタッフによる学習支援

 学習中わからないことは何度でもスマートフォンから質問ができ、専任スタッフが回答してくれます。

 また、学習状況に応じて「応援メール」が配信されるため、モチベーションを落とさずに学習を続けられるシステムとなっています。

 添削課題はすべて講師によって手書きで添削され、戻ってくるため、受講生が通信講座で抱えがちな「孤独感」が少ないのがキャリカレの行政書士講座の特徴ともいえます。

 また、キャリカレでは試験合格後の「キャリアコーディネートサポート」を受けることができます。

「仕事の幅を広げるために行政書士資格を取得したけれど、現職が忙しくなかなか転職まで手が回らない」「独立開業を目指しているけれど、何から手をつけていいかわからない」このような悩みを持つ方に向けて、キャリカレでは資格にマッチングする求人を紹介する「キャリアコーディネートサポート」を用意しています。

 また、行政書士として独立開業を目指す方に向けた「ホームページ制作」サポートもあるため、「ホームページ作成費用がない」「自分でホームページを作るスキルがない」という方でも簡単にホームページを作れます。

 開業支援のサポートも嬉しいポイントです。

コース名・受講料金・行政書士120日らくらく合格指導講座:49,600円
キャンペーンステップアップ応援キャンペーン:11/15まで21%OFF
教材内容・学習範囲の広い「法」から合格に的を絞ったテキスト
・重要度が一目でわかる
・コンパクトなB6サイズで持ち運びが簡単、どこでも学べる
講座ダウンロードの可否
サポート内容・万一不合格の場合は受講料を全額返金
・標準学習期間4カ月で合格できなくても12カ月無料でサポート
・講師への質問は何度でも無料
・手厚く丁寧な添削指導
受講形態オンライン
受講期間標準4カ月(12カ月までサポート)
教育訓練給付金
合格実績
お祝い金の有無

ユーキャン

ユーキャン行政書士バナー

 ユーキャンの行政書士講座は教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座です。

 条件を満たす方が教育訓練給付制度を利用すると、支払った学費の最大20%が(10万円まで)が支給されるため、「通信講座にお金がかけられない」という方でも資格試験にチャレンジしやすい価格です。

学びやすくリニューアル!スマホ1つで講座が受けられる

 通信講座といえばテキストで自習するイメージもありますが、ユーキャンの行政書士通信講座では、テキストと併用して講義動画・テキストをスマートフォンで見られるようになりました。

  • メインテキストは持ち運びやすいA5サイズ
  • スマートフォンでも閲覧可能なデジタルテキスト併用
  • 1本あたり平均6分で要点を解説した講義動画(メインテキスト8冊&問題集3冊分)を用意
  • 添削課題(全7回)へのアドバイス、質問には回数制限なく対応

 ユーキャンの行政書士通信講座は「何を学ぶか」という目的を意識したマンガからスタートします。

 学習内容の概要を最初にマンガでとらえ、講義動画を見ることで効率よいインプットができるため、自然と講義の内容が身につくようになっています。

 行政書士講座はユーキャンで資格取得を目指せる国家試験講座の中でも人気ナンバーワンです。資料請求が無料でできるので、気になる方は資料請求をしてみましょう。

コース名・受講料金・行政書士講座:63,000円
キャンペーン
教材内容・講義動画は1本平均6分なので隙間時間に視聴可能。
・短くわかりやすい言葉で書かれたメインテキスト
・メインテキストはA5サイズで持ち運びも楽、スマホでも読める
講座ダウンロードの可否
サポート内容・全7回の添削指導
・不明点はメールや郵送で質問可能
・指導サポート期間延長制度
・専用スケジュールを作成しお届け
受講形態オンライン
受講期間標準6カ月
教育訓練給付金行政書士講座
合格実績2011~2020年の合格者累計2908人
お祝い金の有無

資格スクール大栄

 資格スクール大栄の行政書士講座の大きな特徴は「挫折させない」という点です。

 行政書士資格取得までの学習時間は1年程度の長期になることもしばしばです。

 大栄では通常通信講座にはない「コーチングサポート」があるため、学習プランの設計や学習進捗管理はプロが代わりに行ってくれます。

「一人で学習が続くか不安」という方には大栄の通信講座がおすすめです。

通信講座なのにコーチングサポートつき!学習に集中できるサポート体制

 大栄の行政書士講座は合格までの個別サポートが手厚いです。

 合格に向けて受講者にヒアリングを行い、個別に設計した学習プランを用意してくれます。

 また、オンラインによる定期的な対面式カウンセリングや学習進捗管理、理解度チェックとフィードバックを受け取れるため、受講者は「学習に専念できる」というのが大きなメリットです。

 講座マイスターに講座内容に関する質問をはじめ、苦手分野克服法、試験の攻略法など、気軽に何度でも質問できるため、わからないことがあればすぐ解決できるのもおすすめポイントです。

 大栄の行政書士講座もwebに対応しており、講義はスマートフォンで閲覧できます。

 スキマ時間を活用しながら勉強したい方にもおすすめです。

 大栄の行政書士講座は「モチベーション診断(BRIDGE-C)」とよばれる人材適正テストを活用し、一人ひとりの強み・弱みを把握しています。

 講座マイスターによる質問対応などきめ細かいサポートとセットで「挫折しない」学習ができるカリキュラムが、最大のおすすめポイントです。

コース名・受講料金・行政書士ForYou合格コース2023年向(入門パック):262,240円
キャンペーン
教材内容・判例や試験傾向に合わせて毎年改訂するテキスト
・理解が難しいポイントは図解で分かりやすく解説
講座ダウンロードの可否
サポート内容・学習計画を設計したり悩みを相談できるコーチングサポート
・学習内容で分からない部分は試験を熟知した講座マイスターに質問可能(無料・無制限)
受講形態オンライン
受講期間150分×64回
教育訓練給付金
合格実績
お祝い金の有無

東京法経学院

 東京法経学院は『行政書士受験必携六法』や法律雑誌などを刊行している資格学校です。

 法律系資格の傾向・対策を熟知しているのが東京法経学院の大きな強みです。

合格者全額返金お祝い制度も!東京法経学院が大切にしている「継続力」

 東京法経学院が初学者向けにおすすめしている講座が「行政書士 新・最短合格講座 2023 総合コース」です。

 こちらの講座は「基礎力総合編」「合格直結講座」で構成されており、行政書士試験をクリアするために必要な平均的な学習や、不得意科目のない総合的な学習を目指したカリキュラムとなっています。

「基礎力総合編」で確実に得点するための基礎力を身につける「合格直結講座」では

 学習状況に応じた5つの問題演習を用意しています。

  • 【ベストセレクト答練 合計125問】・・・基礎レベルの問題演習を通して基礎の定着を確認
  • 【科目別答練 合計200問】・・・本試験の傾向を踏まえた問題演習
  • 【全国公開模試 合計180問】・・・本番試験さながらの模試

 これら3つの問題演習を通じて、基礎から応用まで、丁寧に演習を行うことができます。

 記述式には丁寧な添削指導があるため、自分の解答に足りないものを把握し、確実に得点する方法を学習できます。

 東京法経学院では初学者でも継続して合格が狙えるよう、入学前に無料の受講相談やガイダンス・体験入学を受けることができます。

「行政書士講座を受けてみたいけれど、初学者で不安」「法律の知識がなく、資格取得が難しそう」という初学者の方に特におすすめの講座です。

 東京法経学院では期間1カ月で3コマの講義が受けられる無料体験講座があるので、気になる方は無料体験講座の申し込みをしてみましょう。

コース名・受講料金●行政書士 新・最短合格講座2023
・総合(DVD):108,400円
・総合(ダウンロード):94,100円
・総合(教材学習):58,900円
●行政書士本科
・総合コース(通学):194,700円
キャンペーン
教材内容・項目ごとに区切られており初学者でも読みやすいテキスト
講座ダウンロードの可否
サポート内容・質問票または、質問フォーム(オンライン)から質問可能
受講形態DVD、MP4ダウンロード、教材のみ
受講期間2時間×44ファイル
教育訓練給付金
合格実績
お祝い金の有無

法学館(伊藤塾)

 伊藤塾は通学・通信講座の2つの学習スタイルが選べる資格予備校ですが、ここでは通信講座についてご紹介していきます。

 伊藤塾でもweb通信講座を取り入れており、講義はwebで見られるようになっています。

 伊藤塾のオンライン講義の大きな特徴は、リアルタイムで講義配信を行う「オンラインライブ配信」があることです。

 オンラインライブ配信を活用すれば、通塾と同じように学習計画が立てやすくなり、学習時間を強制的に作り出すことが可能です。

 また、実際に通塾は時間・体力的に負担が大きくても、オンラインライブ配信であればどこでも受講できるため、通塾のメリットはそのままに、デメリットが軽くなっています。

個別フォロー制度が充実 合格後の活躍を後押しするOB会も

 伊藤塾には「同窓会 i.total(秋桜会)」があります。行政書士試験合格後に実務を学ぶ勉強会や、実務家同士の交流会など「行政書士になってから」の活躍を後押しできる環境があるのが伊藤塾の特徴です。

 伊藤塾では少人数の「ゼミ」または「マンツーマン」による学習指導や、講師による「カウンセリング」があるため、通信講座でも合格までモチベーションを高く保つことができ、合格後も仲間とともに協力できる体制が整っています。

 また、伊藤塾のテキストはすべて伊藤塾講師が制作。行政書士を合格したスタッフで構成されているアシスタント集団がいるので、行政書士試験に精通しています。

 受講生の学習進捗に応じた手厚いフォローが伊藤塾のおすすめポイントです。

 伊藤塾では資料請求でトライアルテキストがもらえるほか、今後、このトライアルテキストをもとにしたYouTube講義も開設予定なので、気になる方は資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

コース名・受講料金・行政書士合格講座スタンダードコース:208,000円
・志水晋介の行政書士講座初学者コース:248,000円
・行政書士合格講座一括配信コース:198,000円
キャンペーン・早期割引申し込みキャンペーン
教材内容●テキスト
・本試験での出題頻度がわかる
・最新の出題傾向と法改正を反映
・まとめの図が豊富
・余白がありメモしやすい
講座ダウンロードの可否
サポート内容・学習継続サポート講義
・スクーリング(東京・大阪)
・オンライン質問会
・パーソナルトレーナー講師に質問可能
受講形態オンライン
受講期間12カ月
教育訓練給付金
合格実績
お祝い金の有無

藤井慎哉の行政書士予備校

 藤井慎哉の行政書士予備校(以下、藤井予備校)は月額3,828円で授業を受け放題というサブスクリプション制の行政書士予備校です。

  • 全講義の音声ダウンロード
  • 全テキストのPDFダウンロード

 上記が追加料金なしで行えるほか、教材を追加購入することなく全カリキュラムが習得できます。

 藤井予備校のテキストはPDFダウンロードができるため、ペーパーレス学習も可能です。

 PDFに直接書き込みながら勉強ができるため、「通勤・通学時間を使ったスキマ学習をしたいけれど、荷物が増えるのは困る」という方でも抵抗なく学習に取り組めます。

 もちろんダウンロードしたPDFは紙に印刷することもできるので、紙に書き込みしながら勉強したい方や、印刷したテキストをお風呂に持ち込みたい方など、多様なニーズにも対応しています。

月額制でテキストの買い替え不要 法改正にも対応した柔軟なカリキュラム

 藤井予備校は10カ月間以上継続する形での月額制の通信講座です。他の通信講座では初学者向け、中・上級者向けでカリキュラムや取得講座を変更する必要があるものもありますが、藤井予備校は月額制でどの講座も受けられるので、カリキュラムがとてもシンプルです。

 初学者の方はすべての科目を受講し、中・上級者は自分に必要な講座を選んで受講することができるため、自分のペースで行政書士資格取得を目指すことができます。

 また、通信講座によくある「〇〇年度版」という区切りがないため、いつからでも思い立った日に学習をスタートすることができ、ゴールも自分で決めることができます。

 教科書はすべてPDFでダウンロードできるため、年度によってテキストを買い替える必要がないのも大きなメリットです。

 短期間合格を目指す方はご自分でカリキュラムをどんどん受講していき、ゆっくり合格を目指す方は少しずつ勉強することができるため、仕事や育児のペースを見ながら行政書士を目指す方におすすめの講座です。

 無料体験講義は公式サイト上でいつでも視聴できます。

コース名・受講料金・新・合格講座:107,250円
全講座見放題サービス月額3,828円
キャンペーン
教材内容・難解な法律書のイメージを打破すべくイラストや図表を多く使用した構成
講座ダウンロードの可否
サポート内容・「質問広場」で質問可能
受講形態オンライン、DVD
受講期間講義動画208時間
教育訓練給付金
合格実績
お祝い金の有無

資格の大原

 資格の大原の行政書士通信講座はwebとDVDの2種類から選ぶことができます。

 受講生がより学習しやすくするため、講義は「スタジオ録画」で、板書もパワーポイントと電子黒板を使用し見やすくなっています。

 板書の内容はwebでダウンロード可能なので自分で板書を取る必要がなく、通勤や通学のスキマ時間を利用した学習に最適化されました。

 また、DVD受講の方には板書データを印刷したプリントが用意されているので、DVD受講の方も板書を取る必要はありません。

大原独自のデータベースで来年の試験予想もバッチリ! 傾向を掴んで合格を目指す

 資格の大原のweb通信講座の講義動画のおすすめポイントは以下の通りです。

  • スピード再生機能
  • 動画のストリーミング再生
  • 講義動画を専用アプリにダウンロード可能
  • パソコンだけでなく、スマートフォン・タブレットでも視聴可能

 大原では教材を毎年改訂し、学習の進度や講義内容に合わせた副教材も用意しています。

 大原の学習カリキュラムは、毎年本試験後に試験分析を行い、独自の合格情報データベースに基づき翌年の出題予想や授業時間配分を細かく検討して作られています。

 毎年カリキュラムを更新しているため、学習カリキュラム・出題予想の精度が上がっており、大原の行政書士講座では合格のノウハウが詰まったオリジナル教材を提供することができます。

 毎年本試験終了後に大原では全国大原グループの担当、有識者で試験の分析を行います。

 出題内容や配点の分析を行い、大原独自の合格情報データベースに沿って、来年度の出題予想や授業の時間配分など、細かく検討します。

 ⼤原では合格を目指すため、カリキュラムの精度を毎年上げ続けています。

コース名・受講料金・2023年11月受験対策行政書士入門合格コース:教室/映像208,000円 ・2023年11月受験対策行政書士入門合格コース:Web通信193,000円
・2023年11月受験対策行政書士入門合格コース:DVD213,000円
キャンペーン早割キャンペーン
教材内容・テキスト8冊、問題集6冊
講座ダウンロードの可否
サポート内容・自習室使用可能
・質問対応(50回まで)
受講形態通学、オンライン、DVD
受講期間全72回
教育訓練給付金行政書士合格コース
合格実績2021年45名合格
お祝い金の有無

費用が安い行政通信講座

 キャリアアップを目指して行政書士資格取得を目指す方や学生で行政書士資格取得を目指す方の中には、お金に余裕がない方もいるのではないでしょうか?

「行政書士講座ではきめ細やかなサポートを受けたいけど、お金が心配」「費用の安い講座で一発合格を目指すのは無理?」という不安を抱える方も多いかもしれません。

 確かに通信講座は低価格の講座から10万円を超えるもの、月額制のものまで費用の相場が幅広く、どの講座を選べば良いのかわかりにくいかもしれません。

 ここからは費用に特化して「費用が安い行政書士通信講座」をご紹介していきます。

 ここまでご紹介してきた各講座の内容と自分の予算を比較しながら、自分に合った講座を選びましょう。

予備校名コース名・受講料金キャンペーン教材内容講座ダウンロードの可否サポート内容受講形態受講期間教育訓練給付金合格実績お祝い金の有無公式サイト
スタディング
スタディングロゴ
【2023年度合格目標】 ・行政書士合格コース ミニマム:34,980円
・行政書士合格コース スタンダード:44,000円 ・行政書士合格コース コンプリート:59,400円
・スキルアップ割引制度基本講座
わかりやすい図解と丁寧な解説で覚えにくい法律知識もスッキリ理解できる。 試験の頻出ポイントや覚え方のアドバイスも解説。 1.5倍速、2倍速版もあり。
WEBテキスト
基本講座の内容をベースに、補足や試験対策に役立つ情報を加えたオンラインテキスト。 講座を観た後じっくり復習するときに便利。スマホやタブレット等でいつでも参照できる。
スマート問題集
基本講座で学んだ内容を確実に覚えるための一問一答形式の問題集
スタディングアプリで可能・勉強仲間機能 ・学習フロー、学習レポート機能オンラインミニマムコース 基本講座:約34時間
スタンダードコース
基本講座:約34時間
過去問解法講座:22時間
記述式解法講座:約14時間
コンプリートコース
基本講座:約34時間
過去問解法講座:22時間
記述式解法講座:約14時間
合格のための論点200:約13時間30分
非対象公式サイト
フォーサイト
フォーサイトロゴ
・バリューセット1 2023年試験対策:54,800円
・バリューセット2 2023年試験対策:76,800円
・バリューセット3 2023年試験対策:94,800円
・ダブルライセンス割引制度・合格者200名の95%が満足した教材
・テキストには合格に必要な知識だけが書かれている
・理解が難しい部分は図表やフローチャートで説明
・専用スタジオで収録した高品質な講義動画
・1コマ最大15分の講義動画は隙間時間学習に最適
・専任の合格者スタッフによる充実の質問受付(上限あり)オンライン合格講座:90分
入門講座:95分
基礎講座:約47時間
過去問講座:約14.5時間
直前対策講座:約5時間
・バリューセット1、2、32021年度実績200名が合格 (合格率38.0%)Amazonギフトコード2,000円分公式サイト
クレアール
クレアールロゴ
・2023年合格目標カレッジスタンダードコース:125,000円
・2023年合格目標カレッジコース:169,000円
・学割
・20代、30代割引
・受験経験割引
・有資格割引
・受講生割引
・期間限定価格
・「満点」を目指さず「合格基準」を超える学習をすることで短期間で効率よく学習可能。
・実際の試験で高い的中率を誇る教材
・メール
・電話で質問可能(無料、回数制限なし)
オンライン・2023年合格目標カレッジスタンダードコース:211時間
・2023年合格目標カレッジコース:225時間
2021年合格者105名公式サイト

初心者におすすめの行政通信講座

 行政書士試験講座を初めて受ける方は「結局どこがいいの?」と悩んでいるかもしれません。

 確かに「自分に合う講座」と言われても、最初から自分に合う講座が見つけられたら苦労はありませんよね。

 初心者が行政書士通信講座を選ぶ場合、次の3点を満たすものがおすすめです。

  • 料金と講座内容が明記してある
  • 合格率が高い
  • 合格実績がある

 行政書士試験では学習範囲が広く、まったくの初学者にとっては何から手をつけていいかわからない場合もあります。

 そんな時、複雑なカリキュラムの中から「自分に合うものを組み合わせる」のは大変ですし、後から「学習範囲がカバーできていなかった」と後悔する可能性もあります。

 ですから、初学者にとっては「初学者の方向け」「初学者から中・上級者まで」のように、対象となる方が明記されているものがおすすめです。

予備校名コース名・受講料金キャンペーン教材内容講座ダウンロードの可否サポート内容受講形態受講期間教育訓練給付金合格実績お祝い金の有無公式サイト
スタディング
スタディングロゴ
【2023年度合格目標】 ・行政書士合格コース ミニマム:34,980円
・行政書士合格コース スタンダード:44,000円 ・行政書士合格コース コンプリート:59,400円
・スキルアップ割引制度基本講座
わかりやすい図解と丁寧な解説で覚えにくい法律知識もスッキリ理解できる。 試験の頻出ポイントや覚え方のアドバイスも解説。 1.5倍速、2倍速版もあり。

WEBテキスト
基本講座の内容をベースに、補足や試験対策に役立つ情報を加えたオンラインテキスト。 講座を観た後じっくり復習するときに便利。スマホやタブレット等でいつでも参照できる。

スマート問題集
基本講座で学んだ内容を確実に覚えるための一問一答形式の問題集
スタディングアプリで可能・勉強仲間機能 ・学習フロー、学習レポート機能オンラインミニマムコース 基本講座:約34時間
スタンダードコース
基本講座:約34時間
過去問解法講座:22時間
記述式解法講座:約14時間
コンプリートコース
基本講座:約34時間
過去問解法講座:22時間
記述式解法講座:約14時間
合格のための論点200:約13時間30分
非対象公式サイト
TAC
TACロゴ
・プレミアム本科生Plus 教室講座/Web通信講座:各264,000円
・プレミアム本科生Plus DVD通信講座:297,000円
・プレミアム本科生 教室講座/Web通信講座:各242,000円
・プレミアム本科生 DVD通信講座:275,000円
●早割キャンペーン第1弾:10/31まで
・プレミアム本科生Plus:77,000円OFF
・プレミアム本科生:66,000円OFF
・最新の試験傾向と法改正に対応、毎年改訂するオリジナル教材
・図解やマークを取り入れた見やすく使いやすい教材
・講義と教材が連動し、二つを学習しているうちに自然に知識が身につく
・教室講座では講義前後に、通信講座では質問メールで質問可能(回数制限あり)
・全国のTAC校舎の自習室を利用可能
通学
オンライン
DVD
12カ月・プレミアム本科生Plus
・プレミアム本科生
2021年合格者数:118名公式サイト

行政書士試験に関するよくある質問

 せっかく行政書士試験合格を目指すなら「短期間」で「一発合格」を目指したいですよね。でも通信講座で本当に合格できるのか不安に思うことはありませんか?

 通信講座には費用が抑えられる以外にもメリットがあります。ここからは通信講座で行政書士試験を突破したい方のために、よくある疑問を解決していきます。

通信講座のテキストは分かりにくい?

 通信講座のテキストのクオリティに不安を持っている方もいるかと思います。

 実際は、通信講座のテキストは「分かりやすい」「web上で完結するため、勉強もしやすい」と評判が高いです。

 市販の人気テキストと同じく、プロの法務家・実務家の方が執筆しています。初学者がつまずきがちなポイントはかみ砕いて丁寧に説明し、効率よく学習できるように図表やイラストを多用しています。

 そのため、初学者にも分かりやすいのが特徴です。また、スマホ閲覧できるテキストもあり、スキマ時間の勉強にピッタリです。

 受講前にテキストのサンプルがもらえる講座もありますので、不安に思っている方はテキストのサンプルを確認してみましょう。

市販のテキストだけでも合格できる?

「通信講座って独学と何が違うの?」「テキストを見て自分で勉強するなら、市販のテキストを買えばいいのでは?」「市販のテキスト学習だったら費用も抑えられるし、市販のテキストだけでも合格できるのでは?」こう思っている人もいるかもしれません。

 たしかに市販のテキストだけで合格した方はいますし、市販のテキストだけでも合格は可能です。

 しかし、行政書士を目指しているあなたは時間に余裕がありますか?

 効率よく学習して短期間で合格したくありませんか?

 通信講座の良い点はプロが作った学習カリキュラムに沿って効率的に学習ができ、スキマ時間を徹底的に使って短期間で合格が目指せるという点です。

 市販のテキストには講義動画や解説がないため、どうしても非効率的になりがちです。

 また、解法を教えてくれる人がいないため、正解がわからないまま本番に臨まなければなりません。忙しい中で行政書士資格取得を目指す方には、やはり通信講座がおすすめです。

通信講座の合格率は高い?

 2021年度の行政書士試験の合格率は全国平均合格率が11.18%、通信講座受講生で30%前後となっています。

 特にフォーサイトの合格率は38.0%と特に高く、全国平均合格率と比べて3.4倍となっています。

 通信講座がどれだけ学習効率が良いか分かるデータといえるでしょう。

 行政書士試験合格には平均1,000時間の学習時間が必要と言われています。1日2~3時間の学習時間を捻出するのが難しい社会人にとって、学習の効率化を図るのは合格を左右する大きなポイントでもあります。

 合格率の高さ=学習効率の高さ と言っても過言ではありません。

 合格率の高さから言っても、初学者の方にこそ通信講座の受講がおすすめです。

まとめ

 行政書士試験の通信講座について、さまざまな角度から比較してきました。

 働きながら、子育てをしながら、大学に通いながら行政書士を目指す方にとって、最も重要なことは、「効率よく学習し、最短で合格する」ということではないでしょうか。

「忙しいから…」「勉強する時間が取れないから…」という理由で行政書士講座の受講を迷っている方にこそ、通信講座を強くおすすめします。

 費用、カリキュラム、テキストなど、人によって重視するポイントは違いますが、「絶対に合格したい!」という強い意思と毎日のスキマ時間を学習時間に変えることができれば、合格への道は遠くないはずです。

 そして、毎日のスキマ時間を学習時間に変えられるのが通信講座の強みです。

 自分に合った講座を見つけて、最短で行政書士試験合格を目指しましょう!

関連記事