元祖は人形町か浅草か。人形焼きはなぜこの形になった?

  • スポット
  • 人形町・小伝馬町
  • 浅草
  • 知る!TOKYO
元祖は人形町か浅草か。人形焼きはなぜこの形になった?

\ この記事を書いた人 /

近代食文化研究会(食文化史研究家)のプロフィール画像

近代食文化研究会(食文化史研究家)

東京において人形焼が名物の街といえば、浅草と人形町。はたしてどちらが人形焼の元祖なのでしょうか? また、人形焼はどのような歴史を背景として生まれたのでしょうか?『お好み焼きの戦前史』において、お好み焼きと兄弟関係にある人形焼や鯛焼きの歴史を描いた、食文化史研究家の近代食文化研究会さんが解説します。

浅草名物人形焼は、実は人形焼ではなく「名所焼」

浅草名物の食べ物といえば、雷おこしに人形焼。

人形焼の老舗といえば、仲見世の木村家。木村家では実際に人形焼を焼く工程を見学することができますが、現在も鋳鉄製の「焼型」を使って、職人が一つ一つていねいに人形焼を焼いています。

木村家で人形焼を焼く職人(画像:近代食文化研究会)



浅草の人形焼がモチーフとしているのは、ちょうちん 、五重の塔、雷様、鳩。いずれも浅草の浅草寺に関係したモチーフです。

浅草の人形焼(画像:近代食文化研究会)

ところがです。鯛焼きは鯛の形をしているから鯛焼きなのに、浅草の人形焼は人形の形をしていません。

実は浅草の人形焼のもともとの名前は「名所焼」。浅草の名所、浅草寺に関する事物を形かたどっているために、名所焼と呼ばれました。

1889(明治22)年浅草生まれ、浅草育ちの作家久保田万太郎は、1927(昭和2)年のエッセイ「雷門以北」に、“パン屋の「木村屋」あつて「名所燒」を賣りはじめた。 ――わたしの記憶にもしあやまりがなければ、いまから十五、六年まへのことである…… ”と書いています。

それがいつしか、人形焼という名前に変わってしまったのです。

人形町名物人形焼は、実は人形焼ではなく「面形焼」

人形焼といえば、人形町も有名。人形焼は人形町発祥という説もあるようです。

人形町の人形焼(画像:photoAC) 

こちらが人形町の人形焼。七福神の顔をモチーフとしたものです。

ということはつまり、人形町の人形焼もやはり人形の形をしていないのです。

実は人形町の人形焼のもともとの名前は「面形焼」。明治時代に生まれた、人の「面」をかたどった焼き菓子なのです。

明治時代の面形焼 清水晴風 『世渡風俗圖會』(刊行年不詳)より(画像:国立国会図書館ウェブサイト)

それがいつしか、人形焼という名前に変わってしまったのです。

人形焼は明治時代の屋台発祥

こちらが1900(明治33)年 の人形焼屋台を描いた絵です。

明治時代の人形焼 清水晴風 『世渡風俗圖會』(刊行年不詳)より(画像:国立国会図書館ウェブサイト)

浅草や人形町ではなく、「神戸名物」と屋台に描かれています。

もっとも、大阪にはない東京の「大阪名物 大阪焼」、東京にはない大阪の「東京名物 東京コロッケ」など、屋台の「自称」地方名物は、本当かどうか怪しいものが多いのですが。

他にも「軍艦焼」、「肖像焼」、飛行船ツェッペリン号が来日した際には「ツェッペリン焼」、幻の第18回夏季東京オリンピックをモチーフにした「東京オリンピック焼」などが、人形焼や鯛焼きのような餡入りの焼き菓子になりました。

これらの焼き菓子は、絵にあるように屋台発祥の食物であり、各地の祭りや縁日を巡ってあちこちに出没するものでした。浅草や人形町といった、特定の町発祥、あるいは特定の店発祥とは考えないほうが良さそうです。

発祥の場所や店は特定できませんが、人形焼や鯛焼きなどの焼き菓子が生まれた時期は特定できます。1900年代ごろ(明治30年代ごろ)に、一斉に花開いたのです。

鯛焼きなどの焼き菓子は日清戦争後に生まれた

実はこれら餡入りの焼き菓子の誕生には、1894年から1895年まで続いた日清戦争が関係しています。

これらの焼き菓子は、ホットサンドメーカーのような鉄製の「焼型」 を使って作られます。鯛や人形などの形にへこんだ焼型に小麦粉生地を流し込み、その上に餡を乗せ、さらにその上に生地をかけて、挟んで両面を焼くのです。

この焼型は、「鋳鉄」でできています。中空になった砂の型に、溶けた鉄を流し込んで 作る鋳物です。

この鋳鉄、欧米から導入された先進技術により、明治時代以降にコストダウンが進みます。木炭からコークスへの燃料交代、生型法の採用、タタラ銑から高炉銑への転換、キューポラの導入などによって、生産が効率化しコストが下がったのです。

そして明治時代の鋳物産業の発展を決定づけたのが、日清日露の両戦争です。戦争によって生まれた巨大な需要が、鋳物産業を含む日本の鉱工業を発展させたのです。

しかしながら、戦争が終わると需要がしぼんでしまいます。鋳物工場は、新しい食いぶちを求めて、民需へと進出していきます。

そうした鋳物工場が目につけたのが、屋台で売られている焼き菓子の「焼型」の生産だったのです。

絶滅危惧種となった餡入り焼き菓子

これらの餡入り焼き菓子は、第二次世界大戦後に衰退し消えていきます。1956(昭和31)年の角田猛著『東京の味』によると、あの鯛焼きですら“この頃は少ないやうだ”と絶滅危惧種となっています。

『およげ!たいやきくん』という歌の大ヒットがなければ、鯛焼きの存続も危うくなっていたかもしれません。

屋台の人形焼も消滅してしまいました。浅草の「名所焼」に人形町の「面形焼」、いずれも人形焼ではありませんが、それぞれが今では貴重な、絶滅危惧種の一種なのです。

コロナの影響で観光客の数が減り、お土産物を売るお菓子屋さんはどこも経営が苦しくなっています。浅草や人形町におこしの際には、これらの名物を手にとってみてはいかがでしょうか?

参考:『お好み焼きの戦前史』

関連記事