外国人の同僚に感じる「違和感」の正体

4月1日の「改正入管法」施行を受け、外国人労働者の増加が見込まれる日本。そのような状況下で、求められるのは彼らとの円滑なコミュニケーションです。いったいどういったことに気を付ければいいのでしょうか。


日本語の「配慮表現」がすれ違いを生む

「この仕事、できたら明日までにお願いできるかな。ちょっと急いでいて」

 みなさんは上司からこう言われたら、どう感じますか。そして、このあとどうしますか。

気をつけたい「配慮表現」(画像:写真AC)

 上司との関係や、その時の状況にもよると思いますが、多くの日本語ネイティブスピーカー(日本人)は、おそらくこの上司が「急いでいる」というメッセージを受け取ったと思います。その結果、多くの日本人が「はい」と言って、この仕事を始めるでしょう。この場合、上司から「指示」を受けたと感じる日本人が多いはずです。

 私が代表を務める内定ブリッジ株式会社が事業の対象としているのは、主に外国人スタッフを受け入れる企業なのですが、社内の外国人スタッフへの日本語教育と同時に、日本人側への日本語教育も専門的に行っています。

 日本人へ日本語を教えると聞いて、違和感がある方がほとんどだと思いますが、実はここが最も重要なのです。

 では、ここでみなさんに質問です。先ほどと同じ状況が起きたとき、日本語がネイティブでない多くの外国人社員はこの場合、どうすると思いますか?

 その外国人社員の方は、おそらく「はい」と言います。そして翌日、こういう会話が起きます。

「昨日の仕事、終わった?」
「いいえ。他の仕事がありましたから」

 指示をした(つもりの)多くの日本人はこう考えます。

「この外国人は信用できない。口ばかりだ。同意したのに仕事をする気がない。しかも、言い訳までするなんて、無責任だ。だから外国人は使えない。」

 しかし、果たしてそうなのでしょうか? ここでもう一度、日本人の指示を読んでみましょう。

「この仕事、できたら明日までにお願いできるかな。ちょっと急いでいて」

 外国人が混乱しているのは、「できたら」という表現なのですが、みなさんはこのことに気づきましたか。

 これを「配慮表現」といいます。オフィスコミュニケーションでは、頻繁に使用される日本語表現(特性)のひとつです。

 今回は「急いでいて」のメッセージを重く受け止めず、「できたら」を「できなかったらしなくてもよい」と理解した外国人の気持ちを考えてみましょう。

 いま提案された仕事ではなく、自分がすでに取り組んでいる仕事の優先度が高いと判断したこの外国人社員は、文字通り「できたら」この仕事をすることに対して、「はい」と返答をしました。

 決して日本語が分からないわけでも、無責任なわけでもありません。そして、優先度の高い他の業務が終わらなかったために、昨日依頼された業務ができなかったので、その理由を、誠意をもって説明したいと考えたわけです。

「終わりましたよ」にイラっとする理由とは?


日本の外国人労働者数はこんなに増えている

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/04/190405_risk_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190405_risk_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190405_risk_02-150x150.jpg

New Article

新着記事