読書離れの若者がハマるかも? 都内「映える」図書館2選

若者の読書離れが問題視されている現在。そんなときだからこそ「図書館が舞台の作品」と、都内にある若者向けの図書館を紹介します。


若者の読書離れ

 スマートフォンの普及で、若者たちはTwitterやYouTube、TikTokを見ることが多くなり、読書離れが問題視されています。

 特に読書率が低いと言われているのが、高校生と大学生です。コロナの影響で自宅で過ごす時間が増えたこともあり、小中学生の読書率は上昇。しかし高校生と大学生はあまり変化がありませんでした。

 小中学生は学校での「朝の読書時間」が設けられていることもあり、高校生や大学生に比べると本に触れる機会があります。しかし、高校生になると部活動やバイト、友人との時間、受験勉強など、読書以外に時間をとられがち。勉強に必要な読書も、現在はインターネット上で小説のまとめサイトが存在するため、実際に本を読まなくても内容が把握できてしまいます。

図書館で本を借りる人のイメージ(画像:写真AC)




 そんな厳しい状況のなか、意外にも学生にウケているのが

「図書館が舞台の作品」

です。

 そこで今回は、特に注目を集めている作品をふたつ紹介します。さらに

「静かにしなきゃいけない。堅苦しい。本を読まなきゃいけない」

という図書館のイメージをガラッと変える、東京都内の図書館もピックアップしました。

1.『図書館戦争』シリーズ

 まず初めに、学生にウケている「図書館が舞台の作品」をふたつ紹介します。

 ひとつ目は、これまでに漫画化・アニメ化・実写映画化されてきた、有川浩さんの大人気SFシリーズ『図書館戦争』です。

『図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) 』(画像:角川書店)

 物語の舞台は、公序良俗に反する表現を取り締まる「メディア良化法」が成立した2019年。さまざまな創作物が検閲されるなか、唯一抵抗していた組織がありました。それが図書館です。

「図書館の自由に関する宣言」の下、国内で発行された本を守り続ける図書館。そこで図書隊として勤務しているのが、本作の主人公・笠原郁(かさはら いく)です。

 高校生のとき、あるひとりの図書隊に助けてもらった郁は、図書隊に入隊。エリート部隊の図書特殊部隊に配属され、奔走します。

 実際に存在する「図書館の自由に関する宣言」からできあがった本作。物静かな図書館というイメージを覆す、SFなストーリーにグッと引き込まれます。また、郁が探している相手との恋模様も見どころです。

2.『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~』


この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220122_tosho_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220122_tosho_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220122_tosho_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220122_tosho_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220122_tosho_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画