昭和の帰省ラッシュは混雑率「200%以上」だった! 近づく年末を機に振り返る

もうすぐ年末。年末といえば帰省ラッシュですが、昭和時代の帰省ラッシュは今と比較にならないくらい混雑していたことをご存じでしょうか。鉄道ライターの弘中新一さんが解説します。


コロナ禍前の帰省ラッシュは凄かった

 新型コロナウイルスの流行はいったん穏やかになり、2021年の年末は帰省できるかもしれないという機運が高まっています。

東海道新幹線(画像:写真AC)

 2020年の帰省ピークは12月29日で、東京駅には大きな荷物を持った人たちが見られましたがラッシュにはなりませんでした。東京駅を出発する東海道新幹線の博多行き「のぞみ1号」は乗車率50%、東北新幹線の盛岡行き「やまびこ63号」は40%。北陸新幹線の金沢行き「はくたか567号」に至っては30%とガラガラな状態だったのです(『東京新聞』2020年12月30日朝刊)

 さて、コロナ禍前の帰省ラッシュはどのくらい混雑していたのでしょうか。2019年の帰省ラッシュは12月28日。東海道新幹線の博多行き「のぞみ1号」は180%、北陸新幹線の金沢行き「はくたか555号」は130%という混雑ぶりでした。

 国土交通省の資料によると、混雑率の数値は

・100%:定員乗車。座席につくか、つり革につかまるか、ドア付近の柱につかまることができる
・150%:広げて楽に新聞を読むことができる
・180%:折りたたむなど無理をすれば新聞を読める
・200%:体がふれあい相当圧迫感があるが、週刊誌程度ならなんとか読める
・250%:電車がゆれるたびに体が斜めになって身動きができず、手も動かせない

といった基準になっています。

乗車率200%超えが当たり前


【年末年始調査】「自宅で過ごす」派は65%、「帰省」派は23%だった!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211120_kon_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_kon_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_kon_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_kon_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_kon_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_kon_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画