永田町に鎮座する「山王日枝神社」、なんと表参道は国会議事堂裏から伸びていた

赤坂見附と溜池交差点の間にある「山王日枝神社」。その「由緒ある」参拝方法について、フリーライターで古道研究家の荻窪圭さんが解説します。


「ちょっとした山」の上にある

 赤坂見附と溜池交差点の間、外堀通り沿いに青空に映えるめちゃ巨大な白い鳥居。都心にいきなり巨大鳥居。それも鳥居の上に三角の屋根がついている「山王鳥居」。めちゃ目立ってるので一度見たら忘れません。

外堀通り沿いにある平成の山王鳥居。階段の上に境内がある。扁額には「山王日枝神社」と描かれている(画像:荻窪圭)

 鳥居をくぐると大きな階段が山の上まで一気につづいてます。

 高層ビルに囲まれててわかりづらいのですが、ちょっとした高低差がある山で、その上に江戸時代から続く「山王日枝神社」(千代田区永田町)が鎮座しているのです。ここまで立派な参道を持つ神社はなかなかありません。何しろエスカレーターまでついてるのですから。初めて見たときは、「さすが大都会」と驚きましたよ。

 この神社、正式には「日枝神社」ですが、昔から「山王日枝神社」と呼ばれていて、鳥居の扁額(へんがく。門戸や室内に掲げる、横に長い額)にもそう書かれています。江戸時代は「山王権現(ごんげん)」と呼ばれたり、「日吉山王社」と書かれたりしていました。

 日枝神社の「日枝」は「比叡山」の「ひえ」。もともとは比叡山の山の神様でした。だから「山王」。山王と日枝は同じ意味。比叡山にある総本山は「日吉大社」。日枝と日吉も同じ。昔は「日吉」と書いて「ひえ」と呼んでました。

人気のパワースポット的存在

 江戸の日枝神社は室町時代に江戸城を築城した太田道灌が、川越にある日枝神社を江戸城鎮護のために勧請したのがはじまり。

山王日枝神社とその周辺。「カシミール3D」で作成。国会議事堂裏から伸びる山王坂が江戸時代の参道。神社を囲むように3つの山王鳥居がある(画像:荻窪圭)

 その後、徳川秀忠の時に江戸城拡張に伴って、江戸城の外に遷座し(今の最高裁判所あたり)、大火での全焼をきっかけに1659年、現在地へ遷座しました。

 神田明神が江戸城の鬼門を、山王日枝神社が裏鬼門を護るために置かれた、といわれますが、確かに江戸城本丸の北東約2kmに神田明神が、南西約2kmに山王日枝神社が鎮座してますから、意識してそこに置いたのは確かでしょう。パワースポット的な人気があるのも頷けます。

国会議事堂の裏に残っていた、江戸時代の表参道


【江戸前期の絵図】1670年ごろの山王日枝神社。山王坂の鳥居、坂下の「ちゃ屋」が描かれている

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190906_sannou_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_sannou_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_sannou_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_sannou_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_sannou_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_sannou_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_sannou_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_sannou_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_sannou_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_sannou_07-150x150.jpg

New Article

新着記事