人気作『進撃』の超大型巨人が、もしも東京に現れたら? 意外と小さくて拍子抜けする全長60m

2021年4月に漫画連載を終えた大ヒット作『進撃の巨人』。作中に登場する全長60mの「超大型巨人」に大勢の読者が恐怖しました。もしあの巨人が、東京の街中に現れたとしたら……?


超大型巨人が見る世界とは

2021年4月に、約11年半にも及ぶ漫画連載を終えた『進撃の巨人』(講談社)。完結編アニメは2022年1月より放送予定です。

 単行本の累計発行部数は、全世界で1億部を超えるなど、日本を代表するメガヒットコミックとなりました。

『進撃の巨人』1(画像:諫山創、講談社)

 本作には、さまざまな“巨人”が登場しますが、そのなかでも特に強烈なインパクトを残した巨人といえば「超大型巨人」が挙げられるでしょう。

 超大型巨人は第1話で主人公エレンが住む区域を襲撃するなど、物語の重要なポイントで登場した巨人です。コミック第1巻の表紙にも描かれており、超大型巨人は同作の“顔”のような存在といっていいでしょう。

 そんな超大型巨人の特徴は、その名の通りとてつもなく大型であるということ。全長は60m超と、20階建てのタワーマンションにも匹敵します。これほどの巨体が殺意をもって人間に襲いかかる世界は、考えただけでも恐ろしいものです。

 では逆に、地上60mから人々や街並みを見下ろす超大型巨人の世界とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

東京で60mは大きくない?


【筆者が実践!】東京都心で見つけた「地上60m」の景色

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211225_big_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_big_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_big_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_big_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_big_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画