郊外でおなじみ 「IKEA」が都心・原宿に初出店 戦略転換の背景とは

2020年6月5日

お出かけ
ULM編集部

これまで郊外型の出店を柱に据えてきた大型家具量販店IKEA(イケア)が2020年6月8日、初となる「都心型」店舗をJR原宿駅前に開業させます。そこにはどんな狙いがあるのでしょうか。


大型店舗・大型家具の転換期

 スウェーデン発祥の世界的家具量販店IKEA(イケア)といえば、これまで郊外を中心とした出店形態をメインとしてきました。

「郊外型」店舗を展開してきたイケアが、原宿駅前に「都心型」店舗を初出店。その狙いとは?(画像:イケア・ジャパン)

 2020年月6月5日(金)現在、既存店は国内に10店舗。

 主なターゲットは郊外に暮らすファミリー層です。2万平方メートルを優に超える売り場面積と、組み立て式を中心に大型家具が並ぶ広々とした店内、さらに併設の巨大駐車場は、「自家用車で来店して、購入した商品を車に乗せて持って帰る」を基本スタイルに据えるイケア・ジャパン(千葉県船橋市)の経営戦略を体現していました。

 そのイケアが6月8日(月)、JR原宿駅から徒歩1分の複合施設WITH HARAJUKU(渋谷区神宮前)内に「初の都心型」店舗をオープンさせます。もともと4月25日(土)を予定していましたが、新型コロナウイルスの影響により1か月半遅れ、満を持しての開業を迎えます。

 東京都内での出店は、法人向け店舗の渋谷店(渋谷区道玄坂)、1500台分の駐車場を備える立川店(立川市緑町)に次いで3か所め。

 同社にとって「初の東京都心型店舗」をうたう、鳴り物入りでの開業です。

 従来の郊外型店とは、どのような点が異なるのでしょうか。

ワンルームにも合うサイズ感


【画像】「若者のワンルーム」をイメージ イケア原宿店の売り場を見る(8枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200605_ikea_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_ikea_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_ikea_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_ikea_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_ikea_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_ikea_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_ikea_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_ikea_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_ikea_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_ikea_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_ikea_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_ikea_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画