大人気の「回転スイーツ」を解剖!待ち時間や人気メニュー、回る理由も聞きました

2018年9月20日

お出かけ
ULM編集部

回転寿司のレーンでスイーツがくるくると回る——。「回転スイーツ」のお店が、今夏のオープンとともに大人気です。大人気となるとやはり行列に並ぶのでしょうか。聞いてみたところ、画期的なシステムが導入されていました。


回転寿司のレーン、かわいすぎる姿で原宿に登場! その中身は?

 2018年夏、回転スイーツのお店が原宿に誕生しました。全長38mのレーンの上をくるくる回るのは、一口サイズのかわいいスイーツたち。全種類が食べ放題です。

レーンを1周まわるのにかかる時間は約5分20秒(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)

 その名も「MAISON ABLE Cafe Ron Ron(メゾンエイブル カフェロンロン)」は、その斬新さとかわいさとが相まって、オープンとともに大人気。取材に訪れた日も、開店前からすでにお店の前に大勢の人が集まっていました。

開店直前、10:55ごろには、すでに80人ほどの列が(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)

 そんな人気ぶりを目の当たりにして、どうしても気になることがありました。お店に入るまでの待ち時間です。

 ほかにも、どんなメニューがあるのか、ひとり何皿くらい食べているのかなど、気になることは尽きません。そもそも、なぜスイーツを回してみようと思ったのでしょうか。

 5つの疑問をお店で確認してみました。

・お店に入るまでに並ぶ? 待ち時間は?
・どんなスイーツメニューが人気?
・スイーツ以外のメニューは?
・最高記録はひとり何皿? 平均は何皿?
・そもそもなぜスイーツを回したのか?

40分間食べ放題で1800円(税込)。「メゾンエイブル」をLINEの友だちに追加すると100円割引になる(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)

お店に入るまでに並ぶ? 待ち時間は?

 人気店となると、どうしても避けがたいのが行列です。一体どのくらい待つのでしょうか。

 お店に確認したところ、極力並ばずにすむ「整理券制」が導入されていました。来店時に整理券が手渡され、順番が近づいてきたら携帯に連絡が入る仕組みです。

 整理券の順番はお店のタブレットで管理。取材時(11:30ごろ)はその液晶画面に「93分待ち」の表示が出ていました。ちなみに夏休みの最高記録は約5時間だそうで、9月に入ってからも、日によって差はあるものの、混雑する日は多いとのこと。

 並び待ちだとちょっと辛いですが、携帯が鳴るまで自由に過ごせるのはありがたいです。
 
 なお、開店時間の11:00より前に限っては、並ぶ必要があるそうです。

どんなスイーツメニューが人気?

 スイーツは約25種類。そのなかでも特に人気なのは「ワッフル」と「クレープ」とのこと。どちらもクリームたっぷり。可憐な出で立ちです。

「手に持って写真を撮るのもおすすめ」というワッフル(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)
人気のクレープ。添えられたベリー4種はみずみずしく甘酸っぱい。ブラックベリー、ブルーベリー、ストロベリー、ラズベリー(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)
しっぽが生えたマカロン。足跡つき(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)
花びらは食用。食べられる(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)
ケーキの上にちょこんと置かれた猫(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)

 ピンクや黄色、夢みたいな色をした「わたがし」や、猫のしっぽがが添えられた「マカロンコットンキャンディ」、猫のシルエットが添えられた「ロールケーキ」なども人気だそうです。ちなみに猫はチョコレートではなくモナカです。

ミニミニサイズのお団子は訪日外国人にも人気だそう(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)

スイーツ以外のメニューは?

 甘いものを食べ続けていると、反動でしょっぱいものが恋しくなることもあります。そんな時、手を伸ばしたくなるフード系のラインナップも約10種類、しっかりとありました。

 まずはこちら。アイスではありません。ポテトサラダです。

食べてから「アイスじゃなかったんだ」とびっくりする人もいるらしい(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)

 手にすっぽり収まるサイズ感のやきそばバーガーもあります。

内側にたっぷり入ったマヨネーズが良いアクセントに(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)

 ポテトチップスも人気で、「けっこうみなさん、ポテチばっかり取っていかれたりもします」とのこと。

写真映えこそしないけれど、いざという時に頼れる存在(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)

 そのほかにも、ポップコーン、肉まん、サンドイッチ、スパムサンド、キッシュなどが、かわいい一口サイズで流れています。

スパムサンドは、粗挽き胡椒とスパムの塩味が効いている(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)
野菜のキッシュ(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)

 飲みものはストロベリーカルピス、ローズウォーター、アイスとホットそれぞれのフレーバーティーやコーヒーなどの14種類。食べ放題の料金に含まれます(1ドリンク)。飲み残した場合、紙コップに入れてテイクアウトすることもできます(容器は持ち帰りできません)。

ローズウォーター。口の中にバラの香りが広がる(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)
テイクアウトできる紙コップ(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)

最高記録はひとり何皿? 平均は何皿?

 2018年8月2日時点での最高記録は、大食いYouTuberさんが叩き出した59皿とのこと。40分で59皿ということは、ざっくり計算すると1分あたり1.5皿。脅威のスピードと胃袋です。

 ちなみに、全体の平均はひとり10皿~15皿くらい。回転寿司で食べるお皿の数よりも、ちょっと多めに積み上がるようです。

ひとつひとつが小さいので、結構いっぱい食べられる(2018年8月2日、高橋亜矢子撮影)

なぜスイーツを回転? その裏にある仕掛け人の思い


New Article

新着記事