海賊版と戦え! 80年代に急成長「レンタルビデオ」の栄枯盛衰ストーリー

1980年代、東京を中心に急成長したレンタルビデオ業界。その歴史について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


1980年代前半に急成長した市場

 都内で最近見かけなくなったのが、レンタルビデオ店です。かつての駅前なら、1軒どころか数軒あるのが当たり前でしたが、今では業態を替えてカードゲームなどを販売している店舗が残っているぐらいです。2020年11月には、充実の在庫で知られた新宿TSUTAYA歌舞伎町DVDレンタル館(新宿区歌舞伎町)も閉店。もはや、ひとつの時代が終わったといえるでしょう。

ビデオテープ(画像:写真AC)

 レンタルビデオ業界が急激に進化したのは1980年代です。その背景には家庭用ビデオデッキの普及がありました。当時展開していた店舗が既に消滅しているため、判然としがたいものの、

・三鷹市のレンタルレコード店「黎紅堂(れいこうどう)」
・吉祥寺(武蔵野市)の「友&愛」

がビデオも貸し出すようになったのが、日本のレンタルビデオ店の始まりと考えられています(ともに1980年開業)。

 なお前述のTSUTAYAも、その発祥は大阪府枚方市の喫茶店兼レンタルレコード店ですが(1982年開業)、レンタルビデオの「専業店」がいつ生まれたかのは今後の研究が待たれます。

 家庭用ビデオデッキが普及して、レンタルビデオ店は1980年代前半、

「確実にもうかる商売」

と見られていました。そのため新規参入の業者が相次ぎ、マーケットはカオスな状況になっていました。1987年には店舗数が全国約1万3000店まで増えたといいますから、その成長がいかに急だったかがわかります。

海賊版が横行した理由


【画像】在りし日の「新宿TSUTAYA 歌舞伎町DVDレンタル館」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211222_video_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211222_video_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211222_video_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211222_video_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211222_video_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画