東京駅「八重洲」方面はかつて駅の「裏口」扱いだった!

「日本の玄関口」である東京駅――。そんな東京駅の八重洲口にはかつて橋の架かった外堀があり、駅の「裏口」扱いを受けていました。その歴史について、フリーライターの大居候さんが解説します。


丸の内口より八重洲口は地味?

 東京駅の八重洲口は、丸の内口と比べて「2番手」というイメージが否めません。

東京駅の八重洲口(画像:写真AC)

 新幹線のホームがあるのは八重洲口寄りで、高速バスのターミナルがあるのも八重洲口ですが、なぜか東京駅の象徴的な風景として使われるのは、いつも赤レンガの駅舎のほうです。八重洲口が紹介されることは、まずありません。

 さて、そんな東京駅が開業したのは1914(大正3)年のこと。当時、現在の八重洲口側には駅の出入り口がなく、外堀が南北に走り、駅側の鉄道用地と日本橋・京橋方面を分断していました。

 外堀沿いには江戸時代から河岸が設けられており、水運の荷揚げなどに使われていました。この外堀には八重洲橋(1884年完成)が架かっていましたが、東京駅が開業する際に廃止されました。

 そのため、日本橋や京橋に住む人が東京駅から鉄道を利用する際には、八重洲橋を挟む形で架かっていた呉服橋・鍛冶橋を渡ってから通りを歩き、丸ノ内口まで行かなければなりませんでした。

 この状態が解消されたのは、1929(昭和4)年です。関東大震災の復興再開発事業の一環として、八重洲橋は幅45mの道路を兼ねた橋として再び架橋されました。この際、駅の入り口も新設され、八重洲側に改札口が誕生しました。

八重洲通りを作る際に起きたトラブル

 そんな八重洲側の改札口ですが、計画は以前から存在していました。

1920年頃の東京駅周辺の地図。八重洲通りはまだない(画像:国土地理院)

 東京駅の東側に出入り口をつくる最初の計画が浮上したのは、1920(大正9)年の都市計画です。この計画では、現在の八重洲通りのもとになる大通りを建設し「東京駅裏口(当時はこう呼ばれていました)」へのアクセスルートとすることを目指していました。

 ところが、現在の八重洲通りにあたる部分は日本橋区と京橋区の境界になっていたことから両区で意見が分かれます。

 日本橋区側の上槇町(かみまきちょう)側で立ち退きを実施して道路を建設するか、京橋区側の下槇町側に立ち退いてもらうかで両区民の間で意見が対立、「槇町問題」と呼ばれる論争になったのです。

 この「どちらの土地を削るか」問題の対立は、震災を経て抜本的な都市計画の実施が可能になったことでようやく解決しました。ようやく完成した八重洲口ですが、戦前を通して、表玄関である丸ノ内口の裏口というポジションは変わりませんでした。

「鉄道会館ビル」の記憶


【画像】八重洲口に外堀があった頃の東京駅

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211215_tokyo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_tokyo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_tokyo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_tokyo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_tokyo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211215_tokyo_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画