きれいな飲み水を求めて 武士・町人を支えた江戸初期の「上水設備」を知っていますか

江戸の町を支えた水道。その歴史について、文筆家の広岡祐さんがその歴史について解説します。


城下町・江戸の形成

 世界有数の規模を誇った江戸の街。整った町並みは幕末に来訪した外国人を驚嘆させました。急速に発展していった都市の姿を、ライフラインの整備から振り返ってみましょう。
※ ※ ※

 1590(天正18)年、徳川家康が関東に入国します。台地のへりに建っていた当時の江戸城は板葺(ぶ)きの館で、石垣も備わっていなかったといいます。城は日比谷入江の海に面し、その東側には江戸前島と呼ばれる半島が細長く伸びていました。現在、オフィスビルが立ち並ぶ丸の内から日比谷方面にかけては内海だったのです。

 徳川家康は征夷大将軍となったのち、諸大名を動員して大土木工事に取り組みます。江戸幕府による築城や、道路・橋梁などの整備は「天下普請」とよばれましたが、江戸城の天下普請は、日本最大の城下町建設をともなうものでした。

 江戸城の築城とともに、物流確保のための運河の開削、神田山の切り崩しによる日比谷入江と砂州だった江戸前島(豊島洲崎)の埋め立てなど、工事は多岐にわたりました。埋め立てによって広がった土地には家臣の屋敷地が設けられ、神田から江戸前島の日本橋、銀座にかけては町人たちの居住地が完成、こちらは江戸の下町として繁栄していくことになります。

『正保年中江戸絵図』より、1600年代半ばの江戸の様子。城の縄張りと町割りが完成し、外堀である神田川は現在のルートになっている(画像:国立公文書館 デジタルアーカイブ)

 日比谷入江に注いでいた平川(のちの神田川)の流路は東へ変更され、本郷と駿河台に新ルートが開削されて御茶ノ水の渓谷が誕生しました。わたしたちがJRの中央線や総武線の車窓から見下ろしている風景は、実は人工のものだったのです。

きれいな飲み水を求めて


【貴重画像】花見客でにぎわう「明治期の江戸川」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211127_suido_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211127_suido_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211127_suido_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211127_suido_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211127_suido_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211127_suido_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211127_suido_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211127_suido_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211127_suido_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211127_suido_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211127_suido_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211127_suido_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211127_suido_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211127_suido_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画