4月に名称復活、首都大改め「都立大」へ 変更後の15年間を振り返る

2020年4月に名称が復活する東京都立大学。この15年間を教育ジャーナリストの中山まち子さんが振り返ります。


都立大から首都大学東京へ

 2020年4月、東京都立大学(以下、都立大)の名称が復活します。

 石原慎太郎東京都知事(当時)が2期目に肝いりで行った都立大改革で、長年積み上げてきた都立大の名称を止め、「首都大学東京」(八王子市南大沢)という新たな大学名としました。設置は2005(平成17)年。しかし、その名称もわずか15年の歴史に幕を下ろす形となりました。

首都大学東京の外観(画像:(C)Google)

 首都大学東京の知名度は上がらず、復活を求める声が少なからずありましたが、再編など無いまま名称のみが変更することになりました。都立大の名が復活することで、どのような風が吹くのでしょうか。

石原都知事2期目の当選で、学部再編は白紙に

 バブル崩壊後、各自治体の財政は悪化の一途をたどりました。困難な状況を打破するために、既存の大学の在り方にもメスが入れられることになりました。

 1999(平成11)年4月に閣議決定され、翌年から国公立大学の法人化に関する検討会などで議論が重ねられてきました。

首都大学東京のある南大沢の街並み(画像:写真AC)

 都立大もこれを受けて大学改造に着手することとなり、東京都立科学技術大学、東京都立保健科学大学、東京都立短期大学の三つの大学との統合再編をする方向に動き出したものの、事態は一変します。

 公約に都立大の改造を掲げ、東京都知事の2期目を狙う石原慎太郎氏が都知事選に当選したためです。都立大が進めていた学部再編は、全て白紙に戻りました。

混乱を極めた2005年の船出

 さらに2004(平成16)年、再編統合された新大学の名称公募4047件の内、中核となる都立大の名は2604件と最多だったにもかかわらず、公募にはなかった首都大学東京に決定しました。

 現場の声を無視した一方的な流れに、現場の教職員から大きな反発の声が上がりました。その結果、それまで都立大を支えていた教授たちが他の大学に移る事態が発生。当初予定していた経済学部の担当教員が不足したため、初年度の2005年4月に経済学系のコースを設けられないなど、混乱を極めた状態での船出となりました。

名称復活の考えを表明した小池都知事


【地図で確認】首都大学東京のある「南大沢」って、どこ?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200207_shuto_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200207_shuto_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200207_shuto_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200207_shuto_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200207_shuto_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200207_shuto_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画