環状7号線の下には「戦国城跡」が眠っている!? 高度成長時代に失われた歴史の痕跡を探して

東京23区にある城跡といえば、誰もが思い浮かべるのが「江戸城」。しかしそれ以外はほとんど知られていません。遺構の残っていない城跡を探す歴史ライターの永嶋信晴さん、今回は、葛飾区内に眠る「葛西城跡」を巡ります。


低地の多い東京・下町にどう城を築いたか

 以前、大田区の馬込城跡を紹介した記事(2021年10月11日配信)の中で、「戦国城跡」の痕跡を探す手掛かりとして以下の“必要4条件”を紹介しました。

1. 見晴らしのよい高台
2. 台地のまわりが急峻な崖になっている
3. 台地の中に一定の広さの平坦な土地がある
4. 近くに川が流れている

 かつて、東京23区にあった城は、これらの条件のもとに作られることが多いですが、もちろん例外も少なくありません。たとえば、城を作りたい場所に、高台がないケースです。特に東京の下町は標高が低く、起伏もあまりありません。

「葛西城」跡として残る、葛飾区青戸の御殿山公園(画像:永嶋信晴)

 あとで述べますが、東京の下町は、戦国の武将たちにとって戦略的に重要な場所でした。当然、堅固な城が必要です。戦国の人たちは、フラットな土地にどのようにして城を築いたのか。

……ということで今回は、葛飾区にあったという戦国の巨大城郭「葛西城」を紹介したいと思います。 

 戦国時代の葛西城は、その規模や立地から、一目置かれる存在だったのは間違いありません。残念なのは、現在その痕跡がまったく残っていないこと。

 以前紹介した馬込城も痕跡はほとんど残っていませんでしたが、舌状台地の高台に戦国の城の存在をうかがわせるアイテムはいくつか確認することができました。

 しかし現在、当該の場所に葛西城があったことを、何の予備知識もなく確認するのは難しいでしょう。平坦な土地は、都市化が進む都会ではひとたまりもなく開発されてしまいました。

 高台というアドバンテージがないので、上記の「戦国城跡」の痕跡を探す4条件のうち該当するのは「近くに川が流れている」ということだけです。

 ただ、城の近くを流れる中川は、利根川水系の一級河川。水量がとても豊かな川です。葛西城は、該当するひとつの条件を最大限に生かして、堅固な城を築いたと言っていいでしょう。

なぜ城跡のど真ん中を環七が?


【画像】戦国城跡とその周辺(計14枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211119_catsle_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_catsle_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_catsle_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_catsle_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_catsle_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_catsle_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_catsle_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_catsle_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_catsle_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_catsle_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_catsle_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_catsle_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_catsle_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_catsle_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画