1953年完成も、解体間近の「中野駅前住宅」が伝える集合住宅の「原点」とは?

中野駅前に、1953年完成の鉄筋コンクリート造のアパートがあります。その名も「中野駅前住宅」。こんな古いアパートはいったいなぜ今まで残ってきたのでしょうか。その歴史と詳細な造りを、都市探検家・軍艦島伝道師の黒沢永紀さんが解説します。


「偶然の産物」として令和に至る

 JR中野駅の駅前に、古色蒼然とした鉄筋アパートの団地があります。「あります」というよりは、ほどなく「ありました」となってしまう東京都住宅供給公社(現・JKK東京)の「中野駅前住宅」。団地の原点が、またひとつ消えようとしています。

パッと見は戦後のスタンダートな団地の形をしていた中野駅前住宅(画像:黒沢永紀)

 中野駅前住宅は、1953(昭和28)年に完成した東京都住宅供給公社(以降、公社)のアパートで、戦後の鉄筋コンクリート造のアパートでは、ごく最初期のものでした。

 ちなみに、戦後に初めて建設された鉄筋の集合住宅は都営の高輪アパート(昭和23年)。その後、都や区、公団(現・UR)や公社によって、続々と鉄筋コンクリート造のアパートが建設され、高度経済成長と歩みを共にした団地の時代がスタートしました。

 都の外郭団体だった公社も1950(昭和25)年に鉄筋造の建設許可を取得し、早速アパートの建設に取り掛かります。最初に竣工したのが1951年築の市ヶ谷の薬王寺アパート。以降、急ピッチで建設を進め、中野駅前住宅はその翌年に第1期工事を完了しました。

 高輪アパートの建設から70年。都営の上目黒アパート(昭和23年)や角筈アパート(昭和26年)など、平成になってからも遺っていた戦後すぐのアパートは、その多くが改築や解体され、おそらく一番古かったと思われるのがこの中野駅前住宅です。

 中野駅前住宅が令和まで残っていたのには、特別な理由があったのでしょうか。JKK東京の話によると、中野区の開発計画と折衝をしているうちに、ただ時間が経ってしまったとのこと。積極的な保存運動などの結果ではなく、単純に偶然の産物だったというわけです。

風通し良好で、エアコンいらず


【写真】懐かしい、そしてなぜか落ち着く……都内にある路地裏の風景(8枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_05-150x150.jpg

New Article

新着記事