1月オープン 京橋のアーティゾン美術館が「予約制」にこだわり抜いたワケ

ブリヂストン美術館は建物の建て替えを経て2020年1月、アーティゾン美術館として新たに開館しました。同館の魅力について、ライターの松崎未來さんが解説します。


旧ブリヂストン美術館から名称新たに

 世界的タイヤメーカーのブリヂストン(中央区京橋)の創業者・石橋正二郎(1889~1976)が、希代の美術コレクターだったことはご存じでしょうか。正二郎は30代後半から同時代の洋画家たちの作品を購入し、やがて古今東西の美術品を収集していきます。そして戦後間もない1952(昭和27)年1月、自身のコレクションを一般に公開すべく、東京・京橋の本社ビル2階に、ブリヂストン美術館を開館しました。

 1956年には美術館の運営管理を担う石橋財団が設立され、正二郎のコレクションの大半は財団に寄付されました。芸術作品を私物化することなく、文化の向上に寄与したいと願っていた正二郎の偉業は、このブリヂストン美術館の開館に止まりません。

 同年にイタリアで開催された現代美術の国際展「ヴェネチア・ビエンナーレ」では、日本政府の資金難を見かね、日本館を建設し寄贈。さらに1969(昭和44)年には私財を投じて東京国立近代美術館(千代田区北の丸公園)の建物を建設し、国に寄贈しました。

 正二郎亡き後も、ブリヂストン美術館はピカソやルノワールの名作を購入してコレクションをさらに充実させ、33万人を動員した話題の企画展「ルノワール展」(2001年)を開催するなど、日本における芸術文化の普及に貢献してきました。

アーティゾン美術館の外観部分(画像:石橋財団)

 そして2015年の春、ビルの建て替えに伴う工事のため休館して、およそ5年。「アーティゾン美術館」(中央区京橋)と名称を改め、2020年1月に開館しました。

開館記念展は古代から現代までの名品が並ぶ

 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」(2020年1月18日~3月31日〈予定〉)は、古代から現代まで、同館のコレクションの中から名品ばかりをセレクトした盛り沢山の内容に。

開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」のウェブサイト(画像:石橋財団)

 モネやルノアール、セザンヌといった巨匠たちの名品から、紀元前の石彫、近世日本のびょうぶまでが、「アートをひろげる」「アートをさぐる」というふたつの章立てで、シックな展示空間3フロアに展開しました。

日本ではマイナーな「日時指定予約制」


【画像】2020年1月に開館 アーティゾン美術館の内観を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/200324_artizon_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200324_artizon_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200324_artizon_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200324_artizon_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200324_artizon_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200324_artizon_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200324_artizon_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200324_artizon_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画