世界一の歓楽街「新宿」に突如現れる秘境 玉川上水「余水吐」とは何か?

緑に覆われた大都会・新宿近くの秘境「玉川上水余水吐」について、都市探検家の黒沢永紀さんが解説します。


四谷大木戸と内藤新宿

 世界一の歓楽街・新宿。その東の外れにおよそ新宿とは思えない、うっそうと茂る木々に囲まれた秘境が眠っています。水量の多かった玉川上水が、四谷大木戸から地下水道へ入る前に、余った水を落水していた「余水吐(よすいばき)」の跡。今回は、ちょっと変わった名前の水路を探索します。

新宿御苑の東側外壁に沿って流れていた余水吐の水路跡(画像:黒沢永紀)

 余水吐のスタート地点である四谷大木戸は、現在の四谷四丁目の交差点付近。江戸開幕後ほどなくして開設された見附(検問所)があった場所で、道の両側に石垣を築いて門を設置し、甲州街道から江戸市中へ入る人馬や物品を改めていました。

 その後江戸の中期になって、四谷大木戸から追分(おいわけ、現・新宿3丁目交差点付近)にかけて造られた宿場町が内藤新宿です。宿場には多くの旅籠茶屋が並び、特に飯盛女(めしもりおんな = 遊女)を大勢抱える岡場所(おかばしょ)として栄えたことは、現在の新宿のルーツといえるでしょう。

 内藤新宿の名は、のちに触れる内藤家の下屋敷(現・新宿御苑)があった場所だったこと、そしてそれまで小規模な人馬の休憩所にすぎなかった内藤宿に対し、新しい本格的な宿場という意味あいで命名されたといわれています。

四谷大木戸と玉川上水


【地図】理解が深まる? 「余水吐」の流路と新宿御苑の位置関係を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191029_tamagawa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191029_tamagawa_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191029_tamagawa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191029_tamagawa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191029_tamagawa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191029_tamagawa_04-150x150.jpg

New Article

新着記事