江戸を焼き尽くした「明暦の大火」はなぜ起こった? ヒントは文京区本郷の特殊な地形にあるのかもしれない

本郷三丁目交差点近くにある「菊坂」と明暦の大火の関係について、地形散歩ライターの内田宗治さんが考察します。


明暦の大火と火元になった寺

 江戸の町に80日以上雨が降らず、寒空のなか、町が乾燥しきっていたときに起きた大惨事があります。今からちょうど364年前、明暦3年1月18日(新暦では1657年3月2日)に発生した明暦の大火です。

 その日、朝から北西の強い風が吹いていました。この大火事では、大名屋敷160家をはじめとして江戸の町の約6割が焼け、死者は数万人から10万人と推定されています。関東大震災や太平洋戦争空襲時の火災を除けば、日本史上最大の火災。江戸城の本丸と天守もこのとき焼け落ち、以後天守は再建されていません。

 火元は3か所とされていますが、そのうちのひとつ、最初に出火したのが本郷(文京区)の菊坂にあった本妙寺です。

 菊坂は、本郷三丁目交差点近くから菊坂下交差点まで約700m、途中平らに近い区間もあるゆるやかな坂です。

階段の下に延びる菊坂下通り。階段の上に並行して菊坂(画像:内田宗治)

 本妙寺はその中腹に立地し、明治時代後期に豊島区巣鴨5丁目に移転しています。明暦の大火後も廃寺とならなかったため、本妙寺火元引き受け説(実は隣の幕府老中の屋敷から出火したものの、幕府の威信を保つため老中屋敷の代わりに火元を引き受けた)などもあるようです。

 また明治・大正時代では、樋口一葉、石川啄木、宮沢賢治が、菊坂周辺に住んでいました。一葉が使っていたという井戸や彼女が通った質屋(建物が現存)、啄木や賢治の下宿跡など、文学散歩スポットや下町的風情の地が点在し、それらを散策する人の姿もよくみかけます。

日当たりの悪い場所で生まれた名作たち


【地図】文京区本郷の「菊坂」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210301_kikusaka_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210301_kikusaka_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210301_kikusaka_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210301_kikusaka_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210301_kikusaka_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210301_kikusaka_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210301_kikusaka_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210301_kikusaka_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210301_kikusaka_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210301_kikusaka_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210301_kikusaka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210301_kikusaka_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210301_kikusaka_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210301_kikusaka_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画