「東京ラーメンの原点 = あっさりしょうゆ味」は大間違いだった! 知られざる本当の味とは

古くからある東京ラーメンといえば、あっさりとしたしょうゆ味のイメージが強いでしょう。しかしその原点となる味は、現在と全く異なる物でした。食文化史研究家の近代食文化研究会さんが解説します。


東京ラーメンの原点 = あっさり?

 新横浜ラーメン博物館(横浜市)では現在、日本初のラーメンブームを起こした1910(明治43)年創業「淺草 來々軒」のラーメンを復活、提供しています。東京ラーメンの原点である來々軒のラーメン。あっさりとしたしょうゆ味のスープはまさに、東京ラーメンのDNAを感じさせる味です。

昔ながらのしょうゆラーメン(画像:写真AC)

 新横浜ラーメン博物館のニュースリリースによるとこのラーメン、來々軒3代目の主人であった故・尾崎一郎氏への取材等から情報を得て、復活させたものだそうです。

 尾崎氏は來々軒創業の7年後、1917(大正6)年生まれ。ところが、尾崎氏が物心つく前の明治・大正時代における來々軒のラーメンの味は、尾崎氏の記憶とは大違い。実は脂たっぷり濃厚豚骨味だったのです。

明治末の來々軒は「豚骨グラグラ」

 戦前の食文化に関する記録を多く残した、1894(明治27)年生まれの風俗評論家・植原路郎氏。彼は明治時代末、つまり創業直後から來々軒に通っていました。

 植原氏は明治末の來々軒のスープを次のように描写しています。

「大釜で豚の骨をグラグラわかせたスープの素は天下一品だった」(植原路郎『明治語録』)

 当然ながらそのスープは濃厚豚骨しょうゆ味。再び植原氏によると、大正時代半ばのころの味は次のようなものでした。

「豚の骨を煮出してとった濃厚なスープにしょうゆ味」「スープは相当アブラっこい」(玉村豊男『食の地平線』)

近年の豚骨しょうゆラーメン(画像:写真AC)

 同じく大正時代に來々軒のラーメンを食べた東宝映画の森岩雄の印象も、「物凄(ものすご)いあぶら臭い」というものでした。

「有名なシナそば屋に「来々軒」があった。ここで生まれて初めて「シナそば」を喰べたが、物凄いあぶら臭いのに驚いたことがある」(森岩雄『大正・雑司ヶ谷』)

來々軒の衰退


【貴重画像】「淺草 來々軒」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210907_ramen_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_ramen_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_ramen_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_ramen_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_ramen_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_ramen_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_ramen_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_ramen_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_ramen_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画