辛い、痛い、ウマい! 一度食べたら病みつき 都内「旨辛ラーメン」5選

幅広い層から支持されている辛いラーメン。そんななか、今回は都内よりすぐりの5店を紹介します。


幅広い支持を受ける辛いラーメン

 ラーメンは外食の王道です。仕事や学校帰りについ食べてしまう人も多いでしょう。季節を問わず人気があり、今や国民的料理のひとつといっても過言ではありません。

 オーソドックスなものから斬新なものまで、さまざまな味やスタイルが確立されていますが、なかでも辛いラーメンは幅広い層から支持されており、多くの店舗が展開されています。

 ということで今回は、辛いけど病みつきになる、東京の「旨辛ラーメン」を五つご紹介します。

1.支那そば屋こうや(四谷)

 まずご紹介するのは、四ツ谷駅から徒歩約4分の場所にある「支那そば屋 こうや」(新宿区四谷)の「極辣麺(カライカライそば)」です。同店はラーメン好きの間でも有名な伝統ある老舗で、「こうや系ラーメン」の元祖と言われています。

新宿区四谷にある「支那そば屋こうや」(画像:(C)Google)

 さまざまな人気メニューがありますが、中でも「極辣麺(カライカライそば)」が激辛好きにおすすめです。

 トマトやレタスなど野菜がたっぷり乗っており、スープは白くまろやかな色合いをしているため、一見辛そうには見えません。しかし、その見た目からは想像できない程の辛さで、なかにはもん絶してしまう人もいるようです。

 白い悪魔の異名を持つ激辛ラーメンですが、病みつきになるおいしさも持ち合わせています。唐辛子風味のスープが絡み付いた少し粘りのある細麺と、シャキシャキ野菜の組み合わせは抜群。スープの底には豚肉やエビが眠っており、この上ない満腹感を得られます。

 ボリューミーかつスパイシーなこちらの旨辛ラーメン。価格は1200円(税込み)です。

2.ビンギリ(荻窪)


【画像】都内「旨辛ラーメン」5選

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210926_ramen_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210926_ramen_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210926_ramen_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210926_ramen_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210926_ramen_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210926_ramen_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210926_ramen_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210926_ramen_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210926_ramen_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210926_ramen_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画