全長100m超! 都内有数の「巨大古墳」が東京タワー付近にあるのをご存じか

およそ1500年前に造られた「古墳」が、東京都内にも遺されています。しかもそのひとつは、東京タワーの過ぎ近くにあるというのだから驚きです。歴史ライターの永嶋信晴さんが案内します。


知る人ぞ知る、都心ど真ん中の巨大古墳

 先日NHKのブラタモリで、NHK放送センター(渋谷区神南)のある場所に「前方後円墳」があったと放送していました。よく知っている場所に、かつて巨大な古墳があったという事実にびっくりしましたが、都内には意外と知られていない古墳も少なくありません。

 中でも、都心のど真ん中に長さ100メートルを超える古墳があると聞いて、驚く人も多いのではないでしょうか。

 それは、東京都港区の芝公園内にある「芝丸山古墳」です。

東京タワーのすぐ近く、芝公園の中にある「芝丸山古墳」を巡る(画像:永嶋信晴)

 付近には東京タワーや増上寺など1級の観光スポットがあるためか、そちらに注目が集まって意外に知られていない存在です。緑深い芝公園の中にあって、公園の築山みたいに風景に溶け込んでいるからかもしれません。

 古墳の前に立つ解説板には全長106mとありますが、築造された当時は110m以上あったと推測されています。ちなみに、同じ巨大古墳として知られる大田区田園調布の「亀甲山古墳」が全長107mで、同じ場所にある「宝来山古墳」が97.5m。

 上記三つの古墳が都内に残る古墳の全長ベスト3ですが、亀甲山古墳は柵で囲まれているため立ち入ることができません。宝来山古墳は上に登ることができますが、後円部と言われる部分の3分の2が削平されているなど、保存状況はあまりよいとは言えない状況です。

 それに対して芝丸山古墳は、都内の古墳の中では比較的形状がよく残っており、古墳の上に登ることもできるのです。

 観光スポットとしてのこの古墳の魅力は、何と言ってもアクセスの良さではないでしょうか。最寄り駅は都営地下鉄三田線の芝公園駅で、出口から古墳までの直線距離は約200m。都心観光として有名な東京タワーや増上寺、東京タワーの撮影スポットとして人気上昇中のプリンス芝公園だけ訪れて帰ってしまうのはもったいない。

 ということで今回は、歴史好きイチ押しの歴史スポット、芝丸山古墳を紹介したいと思います。

前方後円墳の形がしっかり確認できる


【画像】東京タワーそばの「芝丸山古墳」(9枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211023_kofun_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211023_kofun_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211023_kofun_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211023_kofun_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211023_kofun_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211023_kofun_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211023_kofun_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211023_kofun_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211023_kofun_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211023_kofun_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211023_kofun_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211023_kofun_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211023_kofun_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画