一歩間違えば炎上も? 「一般人あるある」ネタが最近、妙に増えたワケ

街中や身近な知り合いにいそうな一般人の仕草・言動をマネする「一般人あるある」ネタが最近SNSなどで人気です。ただし一歩間違えば“炎上”するケースも? フリーライターの苫とり子さんが最近のトレンドをリポートします。


TikTokも人気を後押し?

 総務省の2019年版「通信利用動向調査」によると、東京はインターネットおよびスマートフォンの利用率が47都道府県中1位。ネットの普及により情報へのアクセス機会が平等に得られるようになったとされる今日でも、東京の感度の高さは他都市を上回っているようです。

 とりわけ、もはや日常的なコミュニケーションツールのひとつとして定着しているのがSNS。その中でも近年10~20代の若者が集い、ありとあらゆるブームを生み出しているのが、ショート動画プラットホーム「TikTok」(ByteDance株式会社、日本支社:東京都・新宿区)です。

ショート動画が投稿できるSNS「TikTok」では、音楽やダンスだけでなく「あるあるネタ」も人気のジャンル(画像:Bytedance)

 2020年は新型コロナウイルスの影響で外出自粛を余儀なくされたことから、自宅での配信・視聴が楽しめるTikTokの動画は例年よりも盛り上がりを見せていました。

 TikTokは15秒から1分ほどの短い動画を配信できる中国発のサービスで、2017年に日本でリリースされました。

 これまでもTwitter社が運営する「vine」と呼ばれる同様のサービスが一時期人気を博しましたが、社内改編に伴いわずか数か月でサービス終了。2020年1月に「byte」として復活するものの、すでに若者の心を捉えていたTikTokの勢いにはまだ追いつけていない状態です。

 何よりTikTokが他の動画配信サービスと一線を画しているのは、既存の楽曲をBGMとして自分の動画で流せるということ。

「巷(ちまた)にいる女」シリーズ


【画像】「あるあるネタ」注目の3組

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画