「奥の細道」だけじゃない! 東京で見る「松尾芭蕉」の俳人的軌跡

現在の俳句のもととなった「俳諧」をなりわいとした松尾芭蕉。そんな芭蕉に関連する都内スポットについて紹介します。


上水改修への従事と「関口芭蕉庵」

 江戸時代の俳人・松尾芭蕉は、現在の俳句のもととなった「俳諧」をなりわいとした人物です。

「古池や蛙(かわず)飛びこむ水の音」の句や、東北・北陸などを巡って書いた「奥の細道」は有名なので知っている人も多いでしょう。

 そんな芭蕉には江戸で過ごした時期があり、その面影を現在の東京で見ることができます。

 今回は当時の芭蕉の様子や、東京の芭蕉関連スポットを紹介していきます。

上水改修への従事と「関口芭蕉庵」

 伊賀上野(現在の三重県)に生まれた芭蕉。1656(明暦2)年、13歳のときに父が亡くなった数年後、藤堂藩の伊賀国侍大将・藤堂新七郎家の跡取りである良忠に仕えることになります。芭蕉は武家奉公をしながら俳諧に取り組むものの、1666(寛文6)年に主君の良忠が若くして亡くなると、間もなく藤堂家を退いたとされています。

 やがて芭蕉は江戸へ出て俳諧師になることを決意。初めて江戸へ出たのは1672年、29歳のときのことでした。

 2度目の江戸入りの後、1677(延宝5)年から1680年まで、芭蕉は現在の文京区関口辺りに居住することになります。当時、かつて仕えていた藤堂家が、幕府の命令によって神田上水の改修工事をおこなっており、芭蕉もこの事業に参加していたのです。

文京区関口にある「関口芭蕉庵」(画像:(C)Google)

 芭蕉が住んでいた場所は、「関口芭蕉庵」(文京区関口)として今も見ることができます。永青文庫や椿山荘など文化的施設に囲まれた場所に位置する関口芭蕉庵。敷地内には芭蕉の木像を祭る「芭蕉堂」のほか、いちょうの大木や竹林、「ひょうたん池」などがあり、自然の景観を楽しめるようになっています。

 芭蕉庵の建造物は昭和時代に焼失。現在は庵があったとされる場所に、管理室が設けられています。こちらでは「奥の細道」関連資料や古地図などを見学できます。

深川への移住と「芭蕉稲荷神社」


【画像】松尾芭蕉の関連施設

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211013_basho_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_basho_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_basho_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_basho_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_basho_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_basho_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_basho_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_basho_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画