コロナ禍の逆転現象 中高年ほど「なじみの店」が減り、なぜか若者は増えていた!

新型コロナ禍では飲酒を伴う外食などに自粛要請が出されました。この間、中高年ほど自分の「なじみの飲食店」が減り、若年層ほど逆に増えていたことが分かりました。一体なぜなのでしょうか。ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員の稲垣昌宏さんが独自調査を基に解説します。


職場周辺など「地元以外」での外食が減少

 新型コロナ禍ではテレワークが推奨され、それによって外食を行う“場所”にも変化が起こっています。

 リクルート(千代田区丸の内)のホットペッパーグルメ外食総研が毎月行っている「外食市場調査」2020年度まとめでは、夕方以降の外食の場所について「地元での外食」(※)が前年度から3ポイント増加の21.9%に。

 その分、職場近くなど「地元以外」での外食が減っています。

(※)外食した店の最寄駅を一定の条件でくくり「タウン」を設定したうえで、タウンのコア駅が所在する市区町村と同じ市区町村に住む人による外食を「地元での外食」と定義した。

コロナ禍で「なじみの店」が減った人、増えた人、その違いとは?(画像:写真AC)

 実際に筆者(稲垣昌宏。ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員)も会社からテレワークを推奨され、月の大半は自宅で仕事をしています。

 当社は東京駅の八重洲側にあり、先日出勤した際には久しぶりに近隣の地下街へランチに出たのですが、コロナ禍でのその変貌ぶりには改めて驚かされました。

 東京駅近隣の地下街といえば言わずもがなの一等地です。おそらく相応の家賃を払っても見合う売り上げが期待できる場所だと思うのですが、緊急事態宣言下での休業や空きテナントが目立ち、閑散としていたのです。

飲食店「一等地」の概念も買えたコロナ禍


【画像】コロナ禍と外食「調査」の結果

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/210929_restaurant_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210929_restaurant_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210929_restaurant_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211002_restaurant_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210929_restaurant_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210929_restaurant_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210929_restaurant_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210929_restaurant_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画