メイド激減で昔のアキバが戻ってきた? 9月下旬、宣言解除前の秋葉原を歩く

オタクの聖地・秋葉原。コロナ禍以前はいつ行っても「芋洗い状態」でしたが、現在はどのようになっているのでしょうか。フリーライターの山本肇さんが歩きました。


駅前に散見される空きテナント

 コロナ禍以前、「観光公害」という言葉が流行しました。その意味は、観光客が増え過ぎて、住人などが不便をきたすというもの。東京でそれが著しいのは秋葉原でした。

 ところが、コロナ禍でそんな状況は一変。秋葉原の光景も大きく変わっています。インバウンド(訪日外国人)が2020年後半に途絶えたこともあり、街を訪れる人の数が激減。あらゆる業種で撤退を決める店が現れました。

 その結果、最近の秋葉原は駅前に空きテナントが見られるようになっています。

現在の秋葉原の様子(画像:山本肇)

 2021年9月には、街を象徴する建物のひとつである「肉の万世」秋葉原本店(千代田区神田須田町)もビルを大手不動産会社に売却していたことが明らかになりました。同店は今後も営業を続けるとしていますが、コロナ禍以前はビルの全フロアが肉料理店だったものの、現在は一部店舗の営業を休止しています。

 そんな不景気な話題ばかりが聞かれる秋葉原ですが、緊急事態宣言がようやく明けることで、復活するのでしょうか。そんな視点で街を散歩してみることにしました。

JR駅の利用者は約4割減

 訪れたのは9月下旬の平日。改札を出た第一印象は、まだ人であふれていないというものでした。ある程度のにぎわいはありますが、以前の「芋洗い状態」から比べるとやはり減っています。

現在の秋葉原の様子(画像:山本肇)

 2021年7月に発表された2020年度のJR東日本の駅別利用者人員で、秋葉原駅は第11位となりました。詳細は次の通りです。

・定期外:6万8507人
・定期:8万7594人
・合計:15万6102人

比較のために、コロナ禍以前の2019年度のデータも見てみましょう。

・定期外:12万9173人
・定期:11万8860人
・合計:24万8033人

 駅利用者が4割近く減っているわけですから、店舗が減っていくのは当然です。ワクチン接種が進んだことの結果に、今後期待が寄せられます。

買い物の予定がない人たちの群れ


【画像】現在の秋葉原の様子(計14枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210929_akihabara_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_akihabara_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_akihabara_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_akihabara_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_akihabara_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_akihabara_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_akihabara_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_akihabara_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_akihabara_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_akihabara_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_akihabara_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_akihabara_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_akihabara_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画