おしゃれタウン「三軒茶屋」にある、とっても古そうな石柱の正体

おしゃれな街、住みたい街として人気の世田谷区三軒茶屋。その三軒茶屋に年季の入った道しるべがあります。いったいなぜでしょうか。サンポマスターの下関マグロさんが解説します。


おしゃれな街になぜ古い道しるべが

“さんちゃ”の愛称で親しまれている、世田谷区の三軒茶屋。一般的には新しいカフェなどが多く、おしゃれな街というイメージを持つ人が多いように思います。しかしエリアの中心には、古い道しるべがあるのをご存知でしょうか。

道しるべには正面に大きく「大山道」とあり、その右上には「左相州通」。相州通りとは現在の玉川通りのこと(画像:下関マグロ)

 道しるべの隣に世田谷区教育委員会が建てた説明書きがあります。それによれば、この道しるべは1749(寛延2)年に建てられ、1812(文化9)年に再建されたそうです。いずれも江戸時代ですね。しかし、このような道しるべがなぜあるのでしょうか。

ヒントは「大山詣り」

 江戸時代、大山詣り(まいり)が大変なブームになったそうで、古典落語「大山詣り」という演目があるほどです。相模国(現在の神奈川県)にあった大山は、ばくちと商売繁盛にご利益があるとされ、多くの江戸の人々が押し寄せました。当時は徒歩移動ですから、道行く人に迷わないように道しるべが建てられたわけですね。

 なお大山道というのは俗称で、正式名称を「矢倉沢往還」といいます。江戸城の赤坂門から渋谷、三軒茶屋を経て、駿河国(現在の静岡県)沼津宿まで続いていました。

 今でいえば、「ニーヨンロク」の愛称で知られる国道246号になります。この道は三軒茶屋で世田谷通りと玉川通りに分かれます。この道しるべはその分岐点にあり、どちらがどの道なのかが書かれているのです。

三軒茶屋という地名の由来は


【画像】おしゃれだけど下町、下町だけどおしゃれな三軒茶屋の風景を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200206_sancha_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200206_sancha_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200206_sancha_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200206_sancha_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200206_sancha_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画