東大赤門近くに堂々の存在感! お堅い名前の「東京大学史料編纂所」とは何か

東大赤門を入ってすぐのところにある東京大学史料編纂所。同所ではいったい何を行っているのでしょうか。ライターの近藤ともさんが解説します。


20万点を超える史料

 東京大学(文京区本郷)の赤門をくぐってすぐのところにある建物。そのなかに、東京大学史料編纂(へんさん)所(以下、編纂所)があります。同所はいったいなにをしているところなのか、皆さんご存じでしょうか?

東京の赤門(画像:(C)Google)

 編纂所は、古代から明治維新までのいわゆる「前近代」の日本史関係史料を対象とする研究所です。国内外に所在する各種史料を収集・分析するとともに、史料集として編纂・刊行しています。

 現在に残されている歴史研究のための古文書・古記録は、「資料」ではなく「史料」と表記します。くずし字などで書き残されたものは「古文書」と呼ばれることが多いのですが、古文書・古記録は別のものです。古文書は命令などを書いて人に伝えるためのもので、いわば「お手紙」の類い。古記録は日記などを指します。

 ちまたに出回っている史料には、複写した(書き写した)「写本」と呼ばれるものも多いのですが、史料編纂所では、20万点を超える原本が所蔵しています。これをもとに、各研究室で研究し、また閲覧を希望する人に提供するのが編纂所の役目なのです。

 所蔵されている史料は、100年以上にわたって全国から集められて作成した複製史料が多数所蔵されています。複製史料には複製方法によって影写本・謄写本・写真帳などの種類があります。また、寄贈・移管・購入等によって受け入れた多数の原本・写本類も。

 さらに国宝・重要文化財に指定されたものも所蔵。なお、一括して伝来した史料・図書などを「特殊蒐書」と呼びます。編纂所にあるもののうち、国宝島津家文書や重要文化財近藤重蔵関係資料・林家史料などがそれにあたります。特殊蒐書は全部で64件あり、史料総数は約1万点にも上ります。ここは、多くの貴重書をもつ日本随一の研究所なのです。

内部組織はどうなっているのか


【画像】「東京大学史料編纂所」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210915_todai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_todai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_todai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_todai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_todai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_todai_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_todai_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_todai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_todai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_todai_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画