都下に立ち並ぶ一戸建て なぜ日本人は「持ち家」を目指し続けるのか?

いまだ「持ち家」信仰が根強い日本。その理由について、ブログ「山下ゆの新書ランキング Blogスタイル第2期」管理人の山下ゆさんが解説します。


根強い「持ち家」信仰

 東京の都心からJRや私鉄に乗って郊外へ向かえば、途中から一戸建てが隙間なく立ち並ぶ光景が目につきます。なぜ東京の景色はこのようになっているのでしょうか? そして、家といえば

・持ち家派
・賃貸派

の対立がメディアでよくとり上げられますが、日本では多くの人が持ち家を目指しています。これはなぜなのでしょうか?

都内の「持ち家」イメージ(画像:写真AC)




 このふたつの疑問に答えてくれるのが、今回紹介する平山洋介『住宅政策のどこが問題か』(光文社)です。わが国の住宅政策をさかのぼることで、人びとがいかに「家を持つこと」に対して動機づけられるようになったのかがわかります。

 著者は戦後社会の特徴のひとつを「持ち家社会」だとしています。これは持ち家が多く、多くの人が持ち家の取得を目指す社会で、賃貸住宅から持ち家へ、小さな住宅から大きな住宅へ、マンションから一戸建てへと住まいの「はしご」を登っていくような社会です。

 もちろん、近年ではタワーマンション人気などもあって必ずしも一戸建てがゴールにはならなくなってきていますが、それでも最終的には家を所有して落ち着きたいと考えている人は多いでしょう。

 ところが、戦前はそうではありませんでした。1941(昭和16)年の都市部における持ち家率は22.3%にすぎず、残りは公営や民営の借家でした。しかし、戦後になると持ち家率は60%程度まで上がり、それが続いていくことになります。

 戦時下と戦後の地代家賃統制令によって、大家にとって借家経営のうまみはなくなってしまい、借家の払い下げが進んだのです。

日本の住宅システムは「アングロサクソン型」


【2021年版】2.5人に1人は後悔している!「住宅ローン」に関する調査結果

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220114_house_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_house_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_house_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_house_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_house_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_house_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_house_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_house_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_house_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_house_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_house_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_house_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画