大学の「カタカナ学部」は今も増殖中 もはや「軽い」イメージは払しょくされたのか?

近年よく目にする大学の「カタカナ学部」。それはいつ始まったのでしょうか。また、そのメリットとは。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


20世紀末に登場したカタカナ学部

 コミュニケーション、メディア、グローバル、キャリア、そしてアントレプレナーシップ(企業家精神)――これらの言葉には共通点があるのをご存じでしょうか。実は、全てが大学の学部名として使用されている言葉なのです。

 カタカナを使った学部が日本で初めて登場したのは、芝浦工業大学(江東区豊洲)が1991(平成3)年に設置したシステム工学部です。ただ、システム工学という言葉自体は珍しいものではありませんでした。

 すでに1972(昭和47)年には神戸大学(神戸市)の工学部にシステム工学科が設置されており、理系や工学系ではシステム工学という実学色の強い分野が定着していました。そのため、芝浦工業大学が新設した学部は世間が驚くような真新しいものとは言えません。

 真の意味で日本初となるカタカナ学部と言えるのが、東京経済大学(国分寺市南町)のコミュニケーション学部です。学部の新設は1995年、当時の日本はバブル崩壊後の時代でした。

カタカナ学部「情報コミュニケーション学部」を有する明治大学(画像:(C)Google)

 就職氷河期など暗いムードが漂っていたものの、マイクロソフト社からWindows95が発売されるなどICT(情報通信技術)が大きく前進。社会のグローバル化が一層進みました。ある意味、社会や働き方を新しく構築する黎明(れいめい)期だったとも言えます。

 コミュニケーション学部を「意思伝達学部」とすると、言葉が堅苦しく、受験生の心には響きません。インパクトはカタカナ表記の方に軍配が上がります。

 こうして東京経済大学のコミュニケーション学部を皮切りに、時代のニーズをくみ取ったカタカナ学部が20世紀末から次々に誕生していきました。

有名大学でのカタカナ学部事情


【図表】2021年3月発表「THE世界大学ランキング日本版2021」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210522_katakana_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_katakana_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_katakana_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_katakana_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_katakana_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_katakana_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_katakana_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_katakana_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_katakana_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画