22年営業終了 神保町「三省堂書店」はなぜ読書好きから尊敬を集めるのか

店舗建て替えによる、三省堂書店神保町本店の営業終了が話題となっています。同地区を代表する三省堂書店はなぜ多くの読書好きから尊敬を集めているのでしょうか。フリーライターの大居候さんが解説します。


「売れ筋ベスト10」はもはや名物

 三省堂書店神保町本店(千代田区神田神保町)が建て替えのため、2022年3月で営業を終了することを発表し、話題となっています。

千代田区神田神保町にある三省堂書店神保町本店(画像:(C)Google)

 1881(明治14)年に創業し、書店のなかでは老舗のひとつのして挙げられる三省堂書店。現在の本店ビルが建設されたのは1980(昭和55)年のこと。同社の創業100周年を記念しての建て替えでした。

 建て替え当時、約1000坪という売り場面積は都内でも最大級に数えられ、以来、神保町本店は本の街・神保町のランドマークとして、また日本を代表する書店として親しまれてきました。

 今回の建て替えは、完成から40年あまりを経た老朽化によるものです。計画では隣接する第2・3アネックスビルを含めて、2025~2026年には新たなビルが完成する予定となっています。

 三省堂神保町本店が日本を代表する書店として信頼されてきた理由のひとつが、同店の発表する「売れ筋ベスト10」で、他店ではあまり目につかない本が入っているのが特徴です。

 本を選ぶスタッフが経験に基づき、話題前の価値ある本を発掘。それを1階の目立つところに平積みして展開する――そんな「仕掛け」に優れた書店として、同店は業界内からも注目を集めてきました。

 例えば、英単語暗記本の定番『Duo』(現在は『Duo3.0』)は業界内でも話題になっていませんでしたが、同店で火がつき、全国に広がって定番となりました。

 もちろん売れ筋ベスト10だけでなく、本店1階にはジャンル別の売れ筋も陳列されています。書店がインターネット書店より大きく優れているのは、

「偶然の本との出会い」

があるからですが、神保町本店は正にその機会を多く与えてくれる書店なのです。

マイナー本の在庫も確保


【1997年撮影】神保町本店の「ミステリー本売り場」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210905_sansedo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210905_sansedo_06-150x146.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210905_sansedo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210905_sansedo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210905_sansedo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210905_sansedo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210905_sansedo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画