古書店街で有名 神保町の読み方は「じんぼうちょう」「じんぼちょう」一体どちらなのか

日本を代表する古書店街・神保町。そんな神保町の読み方は「じんぼうちょう」「じんぼちょう」どちらなのでしょうか。ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


「神保町」の読み方

 千代田区の神保町は古書店街であり、また、おいしいお店の多い街としても知られています。コロナ禍でも、お昼どきにはあちこちでおなかをすかせた人たちの行列を目にします。

神保町駅の駅名標(画像:写真AC)

 そんな神保町ですが、筆者は以前から気になっていることがあります。それは「じんぼうちょう」と呼ばれる理由です。

 というのも、私たちはこの地名が「じんぼうちょう」であることを知っていますが、英語のアナウンスなどでは、なぜか「じんぼちょう」と発音しているようなものがあります。

 もしや、私たちは多年の習慣で「じんぼうちょう」と考えているものが、実は「じんぼちょう」なのかもしれない――気になった筆者は町名の由来や街の成り立ちから、順を追って調べてみることにしました。

武家屋敷が立ち並んでいた神保町

 現在の神保町と呼ばれる地域は、江戸時代には武家屋敷が立ち並んでいました。千代田区のウェブサイトは町名の由来について、次のように記しています。

「町名の由来は、元禄(げんろく)年間(1688年~1704年)のころ、旗本(はたもと)の神保長治(じんぼうながはる)が広大な屋敷をかまえ、そこを通っていた小路が「神保小路(じんぼうこうじ)」と呼ばれるようになったためといわれています」

 この神保長治なる人物は実在します。江戸時代の武家の系譜を記した『寛政重修諸家譜 第18』(続群書類従完成会、1981年)にはその名が見えますし、江戸時代の地図を収録している『江戸城下変遷絵図集 御府内沿革図書 3』(原書房、1985年)には、神保小路に神保の名が確認できます。

 決定打となるのは『神田文化史』(神田史蹟研究会、1935年)という文献です。同書には「町名起源の史實考察」の章があり、ここでは神保一族の古文書や記録をもとに、神保長治が1689(元禄2)年3月に、995坪の屋敷地を小川町に拝領したとあります。

明治初期の神保町周辺の地図(画像:国土地理院)

 さらに、神保小路は小川町内の通称だったのが、通称の範囲が拡大し、神保町という名称が公式にも利用されるようになったことがまとめられています。そして1872(明治5)年、正式な地名として南・北・表・裏神保町が採用されます。

通称から正式な地名へ


【画像】戦後間もない「神田神保町」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210528_jimbo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_jimbo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_jimbo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_jimbo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_jimbo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_jimbo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_jimbo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_jimbo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_jimbo_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画