初回視聴率は『おちょやん』の2倍! 伝説の連続テレビ小説『おしん』を振り返る

脚本家の橋田壽賀子さんが4月5日に亡くなってから早1か月。代表作である『おしん』について、フリーライターの犬神瞳子さんが解説します。


平均視聴率は驚異の52.6%

 脚本家の橋田壽賀子さんが4月5日(月)に95歳で亡くなってから、早一か月が経ちました。橋田さんの代表作と言えば、もちろん『おしん』です。

『おしん』はNHK連続テレビ小説の最高傑作として語られる作品で、放送期間中の1983年から1984年までの平均視聴率は52.6%。最高視聴率は1983(昭和58)年11月12日の62.9%で、いまだ打ち破られないテレビドラマの最高視聴率記録となっています。

 ビデオリサーチが視聴率調査を開始した1962年12月3日からの記録では全ジャンル中、歴代6位。史上1位は1963年12月31日のNHK紅白歌合戦です。

『おしん』より上位(2~5位)にランクインしている番組はいずれもスポーツ中継のため、『おしん』はドラマだけではなく、レギュラー放送番組の1位でもあるのです。

 なお初回平均視聴率は39.2%で、本日最終回だった『おちょやん』(18.8%)と比べて2.1倍となっています。

経団連会長も漫才師も魅了した番組

 そんな人気の高さは、著名人の間でも話題となります。

連続テレビ小説『おしん 完全版 少女編』(画像:NHKエンタープライズ)

 放送開始から早くも数週間後には、当時の経団連会長・稲山嘉寛(よしひろ)さんが、毎朝涙を流しながら見ているといううわさがまことしやかに語られます。

 さらに、漫才師の横山やすしさんが出演していた日本テレビ系列の番組『久米宏のTVスクランブル』で「とにかく泣かされるでぇ」と他局であるNHKの番組を絶賛するという珍事も起こしています。

 当時は家庭用ビデオデッキが普及し始めていましたが、まだまだ高価でした。そのため、通勤で朝の放送を見られないサラリーマンは昼休みになると、会社の休憩室やテレビのある飲食店へ駆けこみました。小学校の給食の時間には、先生が率先してチャンネルを回していたという証言すらあります。

朝より夜向けの内容


【画像】『おしん』のロケ地になった山形県「銀山温泉」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210513_oshin_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210513_oshin_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210513_oshin_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210513_oshin_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210513_oshin_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210513_oshin_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210513_oshin_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210513_oshin_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210513_oshin_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画