うどん弁当が話題沸騰! 丸亀製麺「テイクアウト活用術」 受け取って20分が勝負ってホント?

毎日打ち立て、作りたてのうどんが食べられる丸亀製麺。そんな同店のテイクアウトの魅力と活用方法を紹介します。


都内に80店舗を構える丸亀製麺

 丸亀うどん弁当(以下、うどん弁当)はテイクアウトでうどんを食べられる丸亀製麺のお弁当で、現在、話題沸騰中です。丸亀製麺には、そのほかにも自宅で楽しめる商品がたくさん! 一体どのようなものがあるのでしょうか。

 全国各地に店舗があり、東京都でも有名な丸亀製麺。2021年8月現在で都内に80店舗を構え、丸の内や品川などのオフィス街から、新宿や渋谷などの都心部、そして八王子や町田などの郊外まで、あらゆる場所にお店があります。

 丸亀製麺の人気の秘密は、仕事合間の昼食としても、仕事帰りの1杯としても手軽においしく食べられること。しかもお店で粉からうどんを作るため、毎日打ち立て、作りたてを味わえます。

 もちもちつるっとした食感、ふわっと広がる小麦の風味、麺をひき立てる、香り豊かなだしが魅力が堪りません。

 丸亀製麺のテイクアウトでは、前述のうどん弁当はもちろん、ぶっかけうどん、カレーうどんなど、さまざまな商品を注文できます。

丸亀うどん弁当(画像:丸亀製麺)

 うどん弁当は、さまざまな天ぷらや卵焼きなどがうどんの上に乗っており、おかずを注文しなくても、ボリュームたっぷりの満足感を得られます。また、どの商品もワンコイン程度で買えるものばかりで手軽です。

 うどんにおかずが欲しいときは、天ぷらやいなり、きつね揚げなどを持ち帰ることが可能。どれも100円程度で注文できます。

テイクアウトの注文方法はモバイル・店舗の2通り


【画像】冷やしうどん人気No.1メニュー「鬼おろし肉ぶっかけうどん」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210807_maru_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_maru_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_maru_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_maru_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_maru_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_maru_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画