「ご飯派」都会人の食生活をがっちりサポート! 大戸屋で食べる「野菜不足解消メニュー」5選

提供する料理すべてを店内で調理していることで知られる定食チェーンの「大戸屋」。豊富なメニューのなかでも、今回は野菜を中心とした健康的なメニューを五つ紹介します。

都内に85店舗の定食チェーン、ルーツは池袋

 東京で忙しく働いているとランチを簡単に済ませる人も多く、健康的な食事を取ることが難しい場合があります。また、フレックスタイムやテレワークだと、食事の時間も自由で、ライチタイム以降に食事を取る人も多いでしょう。

 バランスの良い食事といえば、定食屋などが思い浮かびますが、お昼時を逃すと夜までは一時的に閉まってしまうこともしばしば。やむを得ずコンビニやファストフード店で食事を済ませる人も少なくありません。

 しかし、通し営業が基本のチェーン店でもバランスよく健康的なメニューが豊富な店も存在します。それは「大戸屋」です。同店はホッとする家庭の食卓を再現し、ファンの心をつかんで離しません。

 7月22日(木)時点で、日本国内の店舗の24%にあたる85店舗が東京都内にあり(休業店舗含む)、運営企業は屋号と同じ大戸屋(横浜市)です。また同社のウェブサイトには、

「1958年。東京タワーが完成したその年に、池袋に大衆食堂を構えたのが、大戸屋のはじまりです。当時はまだ、日本人の4人に1人は栄養不足、といわれていた時代。「日本の家庭の味」を、おいしく、安心して、お値打ち価格で食べていただきたいとの思いから、「大戸屋食堂」を開きました」

と、その始まりが記されています。

 大戸屋は提供する料理すべてを店内で調理しており、食品添加物も少なめ。料理を見ればわかりますが、手作り感の伝わるものが多く、人の手による温かみがあります。

 今回はそんな大戸屋の、野菜を中心とした健康的なメニューをいくつか紹介します。

1.鶏と野菜の黒酢あん定食

「鶏と野菜の黒酢あん定食」は、数あるメニューの中でも定番中の定番として多くの利用者に愛されている定食です。

鶏と野菜の黒酢あん定食(画像:Boshiko)



 れんこん、にんじん、なす、たまねぎなど野菜が中心のメニュー。彩り豊かで、見るからにバランスの良さが伝わってきます。

 食材の豊富さも魅力ですが、味の決め手になる黒酢の健康効果にも注目。黒酢は、人間の代謝に必要なアミノ酸がバランスよく含まれているため、より健康促進には効果的とされています。具体的には血圧を下げる、内臓脂肪を減らすなどの効果が期待できます。日々の健康管理のみならず、美容に気を使う人にもおすすめのメニューです。

 ちなみにまったく同じ味付けで三元豚を使用したメニューもあるので、気分次第で変更しても良いでしょう。

2.バジルチキンサラダ定食

「バジルチキンサラダ定食」は、香りの良いバジルチキンが食欲をそそるサラダです。

バジルチキンサラダ定食(画像:Boshiko)

 主菜はあくまでもサラダですが、非常に食べごたえがあり、存在感の強い一品です。見た目にも美しく、女性に人気がありそうなメニューです。他メニューの小鉢で提供されるサラダや、付け合わせのキャベツに付くドレッシングとは異なり、専用の野菜ベースのドレッシングをかけていただきます。

 またご飯の種類を五穀米に変更すれば、大戸屋のメニューの中でもトップクラスに食材の種類が多い定食になるでしょう。

 バジルチキンサラダ定食は一時メニューから姿を消していましたが、ファンからの熱い要望でグラウンドメニューに返り咲きました。人気のあるメニューは他にもたくさんありますが、特定層からの熱い支持が伺えます。

3.豚と野菜の塩麹炒め定食

「豚と野菜の塩麹炒め定食」は、2021年に登場した新しいメニューです。

豚と野菜の塩麹炒め定食(画像:Boshiko)



 汎用(はんよう)性の高い塩麹(こうじ)ですが、これまで大戸屋にはレギュラーとして定着する塩麹のメニューはあまり見かけませんでした。

 豚と野菜の塩麹炒め定食はなんてことはない炒めものを中心とした定食ですが、注目すべきはその価格です。790円(税込み)と大戸屋のメニューの中でも最安の部類に入りますが、しっかりと野菜が取れておなかも満たせる理想的なメニューです。

 コスパの良さに加え、塩麹を使ったシンプルな炒めものは毎日食べても飽きのこない味が魅力です。頻繁に通う人はラインアップのひとつに加えてはいかがでしょうか。

4.大戸屋ランチ

「大戸屋ランチ」はその名の通り、大戸屋の名前がつく定食で、740円(税込み)と気軽に食べられる値段が魅力です。

大戸屋ランチ(画像:Boshiko)

 付け合わせにトマトやブロッコリー、キャベツがありますが、注目すべきはかぼちゃコロッケ。素材の味わいが伝わる、ほくほくとしたとしたかぼちゃは一度食べるとクセになります。

 自炊では面倒なメニューが低価格で食べられるのは、多くの人にとってメリットになるでしょう。ただし揚げ物が中心のメニューなので、カロリーが気になる人は少し注意が必要です。

5.プルコギ牛肉炒め定食

「プルコギ牛肉炒め定食」は、甘辛いプルコギ風の牛肉炒めでご飯が進むメニューです。

プルコギ牛肉炒め定食(画像:Boshiko)

 牛肉をニラやにんじん、たまねぎと一緒に炒めており、しっかりと野菜も取れます。大戸屋は韓国風メニューを気軽に食べられるのも魅力で「旨辛 豚キムチ鍋定食」など辛いものが食べたい気分の時はその他メニューもぜひ試してください。

 本格的すぎず、いつものお昼ご飯には実にちょうどいいあんばいの定食です。

非常に豊富なメニュー数

 今回紹介したメニュー以外にも大戸屋のメニューは非常に豊富です。グラウンドメニューのみを紹介しましたが、期間限定で旬の食材を楽しめるメニューなども用意されており、リピーターを飽きさせない工夫が施されています。

 またタッチパネルの導入以来、細かな要望を伝えやすくなりました。口頭注文の店舗でもご飯の量や種類は決められますが、それ以外の要素も個人の好みに合わせて細かくカスタマイズできます。

 例えばシーズンメニューであるカキフライの定食ではフライの数を増やしたり、納豆や卵などを追加したりするなどの小さな要望も対応してもらえます。ひとり暮らしで自炊は面倒だけど、体に良いものを食べたい人は大勢います。

大戸屋のロゴマーク(画像:大戸屋)



 大戸屋は食の安全を求めるユーザーに心地よい場所や料理を提供し続けています。
ぜひ自分なりの定番を見つけて、日常のささやかな楽しみとしてはいかがでしょうか。

【いくつ行った?】東京都内の「大戸屋」店舗一覧

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210722_otoya_06-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画