私立だけじゃない! 東京の公立学校に「屋内温水プール」が増えているワケ

現在、都心の小中学校で室内プールの採用が増えています。その背景にあるものとメリットについて、エデュケーショナルライターの日野京子さんが解説します。


武術や軍事教育として行われてきた水泳

 夏が近づくと、学校では水泳の授業が行われます。新型コロナウイルスで2020年度は全国的に中止になり、2021年も見送りとなった地域もあります。これまで日本で当たり前に行われきた水泳の授業。しかし世界的に見ると、義務教育課程での水泳の授業や、学校のプールの設置は珍しいです。

 四方を海に囲まれ川の多い日本では、水泳は武術や軍事教育として行われてきました。

 江戸時代には会津藩の日新館(福島県会津若松市)と長州藩の明倫館(山口県萩市)に水練場が設けられており、明倫館の水練場が現存しています。足を運べば、幕末の志士たちが水練に励んでいた往時をしのぶことができます。

 戦後、学校教育が再開するなかで水泳の授業中や水難事故で、児童生徒の命に関わる事故が多発。これを受けて国が動いて学校施設としてプールが設置され、現在に至ります。

私立学校だけではない屋内プール

 さて、皆さんは「学校に屋内プールがある」「温水プールがある」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか? 恐らくほとんどの人が公立学校ではなく、私立学校でしょう。

 しかし東京都心では少し事情が異なるようです。東京都内の一部の公立学校では学校のプールが屋内化、温水プールになっているのです。

屋内プールで泳ぐ子ども(画像:写真AC)

 こうしたプールは都内でも23区に集中しており、港区では区内七つの公立小中学校のプールが屋内かつ、温水プールになっています。世田谷区の公立中4校も屋内温水プールになっており、天候に左右されずに水泳の授業が行えます。

 レインボーブリッジからほど近い場所にある、港区立小中一貫校のお台場学園港陽中学校(港区台場)では地下にプールが設置されており、温水。このほかの公立学校も従来の学校プールとかけ離れており、もはやスポーツジムといっても過言ではありません。

地域社会のスポーツ増進も担っている


【画像】小学生が一番好きなスポーツ、水泳は何位?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210807_pool_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_pool_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_pool_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_pool_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_pool_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_pool_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_pool_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画