『天気の子』を見て、私が思わず想像した新海監督と「新宿」の深い関係

7月に公開され、国内外で話題となっている新海誠監督の映画『天気の子』。そんな『天気の子』に出てくる心象風景について、まち探訪家の鳴海侑さんが考察します。


描かれている場所は、山手線の西側がほとんど

 東京というのは23区だけでもとても広く、さまざまな場所があります。丸の内のようなオフィス街、住宅の密集する下町、人々と情報の行き交う渋谷・新宿・池袋といった副都心。また、ターミナル駅以外にも隙間のような場所にある商店街や落ち着いた雰囲気の住宅街。東京という「まちの表情」はさまざまな角度からドラマや映画でも描かれています。

 2019年話題となった新海誠監督の映画『天気の子』もまさに東京を舞台に展開する物語でした。11月17日(日)で公開から4か月がたち、観客動員数は1000万人を突破しています。9月下旬からは4D配信の開始、11月には中国でも上映開始など、2019年の映画では間違いなくトップクラスの勢いがある映画でしょう。

『天気の子』(画像:(C)2019「天気の子」製作委員会、ぴあ)

 そんな映画『天気の子』で、東京はどのように描かれているのでしょうか。実は探ってみると面白いことがわかります。

 例えば象徴的なスポットとして出てくるビルの屋上にある神社。ビルのモデルは代々木駅近くの「代々木会館」です。また、ヒロインの陽菜(ひな)ちゃんが弟の凪(なぎ)くんと暮らしている場所は、田端(北区)がモデルとなっています。この2か所は最近、ドラマやアニメなどの舞台を訪れる「聖地巡礼」で訪れる人も多いのだとか。

 そして作品内では新宿、池袋、早稲田、高島平といった場所が描かれます。風景描写はリアリティがあり、次々と場所を移しながら描かれる美しい東京のまちの姿に心を奪われた人も多かったのではないでしょうか。私もIMAXの大きな画面のある映画館を選んで見ていましたが、ひとつ気づいたことがありました。それは描かれている場所の「偏り」です。

 作中に出てくるまちは新宿近辺を中心とした山手線の西側がほとんどで、新宿や代々木や池袋でストーリーのポイントを迎えています。描写される場所は、とりわけ新宿が多くなっています。歌舞伎町や新宿駅近辺の商業施設やビルが多く出てくるのはもちろん、ストーリー内ではこれも新宿区の山吹町にあるという設定の編集プロダクションが登場します。

日本橋や有楽町はほとんど出てこない


この記事の画像をまとめて見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191121_shinkai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191121_shinkai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191121_shinkai_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画