招き猫まみれの「豪徳寺」 400年以上前、その場所にあった意外なものとは? 滋賀県の有名キャラとの関係も明らかに

近年、外国人にも大人気の豪徳寺。そんな豪徳寺が建立される前、実はその場所に意外なものがありました。フリーライターで古道研究家の荻窪圭さんが解説します。


招き猫の豪徳寺は、城跡に作られたお寺

 招き猫で有名な世田谷の豪徳寺。東京の観光名所としてどこかで世界的に紹介されたのか、外国人観光客に出会わない日がないというくらいの盛況っぷりです。奉納された招き猫がずらりと並んだ様は、多くの人を魅了しています。

 そんな豪徳寺があるのは世田谷区の中心部。実は室町時代の城の跡に建てられたお寺なのです。ではさっそく、招き猫のルーツをさかのぼってみましょう。

豪徳寺にある「招福猫(まねぎねこ)」奉納所には無数の招き猫が奉納されていて、一大観光スポットに(画像:荻窪圭)

 時は室町時代。世田谷には鎌倉へつながる街道が通り、烏山川が作った谷地を天然の堀とした「世田谷城」がありました。江戸時代の地図にも「古城跡」と書かれてますし、今でも「世田谷城址公園」(世田谷区豪徳寺)という公園として、当時の空堀(からぼり。水のない堀)や土塁(土を盛り上げて作った砦)の跡が残ってます。

 世田谷城の城主は「吉良氏」。キラといえば思い出すのが「デスノート」……じゃなくて、忠臣蔵の吉良上野介ですが、吉良上野介の三河吉良氏(うじ)と世田谷城の世田谷吉良氏はルーツこそ同じです。家としては鎌倉時代からすでに分かれていますから、超超超遠い親戚筋レベル、1702(元禄15)年の赤穂事件とは関係ありません。

 世田谷吉良氏の系統は江戸時代も生き延びてまして、世田谷にある勝光院(同区桜)に墓地が残っております。室町時代後期には、世田谷城主の吉良政忠が叔母「弘徳院」の為に場内に庵を開きました。これ、大事。

 やがて、戦国時代となり吉良氏は小田原北条氏の傘下に入り、小田原北条氏の娘を正室に迎えて、世田谷も街道筋の城下町として栄えました。が、1590(天正18)年、秀吉の小田原攻めで北条氏が負け、世田谷城も廃城となりました。残った城内の「弘徳院」は……荒れ果ててしまいます。

豪徳寺の招き猫は「ひこにゃん」のモデル?


【地図でチェック】「白い点線」が本文で紹介したおすすめルート。オレンジ色の線が古街道

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190816_neko_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190816_neko_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190816_neko_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190816_neko_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190816_neko_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190816_neko_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190816_neko_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190816_neko_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190816_neko_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190816_neko_03-150x150.jpg

New Article

新着記事