「家キャン」でも使える憧れのアウトドアグッズ。表参道のショップでチェックしよう!

  • ショッピング
  • 原宿駅
  • 明治神宮前駅
  • 表参道駅
「家キャン」でも使える憧れのアウトドアグッズ。表参道のショップでチェックしよう!

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

ハイブランドショップのイメージが強い表参道ですが、実はアウトドアショップの聖地。足を運ぶだけでときめいてしまうアウトドアショップの旗艦店が充実しています。憧れのキャンプギアは、実際に触れてデザインや使い勝手を確かめたいものです。表参道で特に人気のフラッグシップショップをアーバンライフ編集部がご紹介します。

お気に入りのキャンプギアを探すならフラッグシップショップ巡りがおすすめ!

 キャンプサイトではもちろんのこと、普段のインテリアにも取り入れたくなるようなおしゃれなキャンプギアが増えています。購入を考えてネットでチェックしたものの、やはり現物を見たくなるもの。そんな時のおすすめエリアが表参道です。

 表参道はアウトドアショップのフラッグシップショップが多く集まる、キャンプ好きにはたまらない聖地。ブランドコンセプトを前面にアピールしているアイテムや、最新のアイテムを実際に試すことができます。

 それぞれのブランドコンセプトを味わいながら、特徴やデザイン、カラーを確認しつつ、お気に入りの順位を決めていく…わくわくが止まりませんね!

 ちょっと自慢できるようなキャンプギアをお探しなら、表参道へ繰り出して、ショップ巡りを楽しみませんか。

こだわりのコンセプトを感じながら、アイテムを選ぶ楽しさ

 それぞれのブランドのフラッグシップショップには、こだわりのコンセプトがあります。カルチャーやサステナブルなどにも注目している旗艦店では、普段の暮らしにも使える、優れたアイテムが見つかります。

UPI表参道

 UPI(株式会社アンプラージュインターナショナル)は、北欧、アイルランド、北米をはじめとする海外アウトドアブランドの正規輸入代理店として、2010年に創業しました。家族経営などの小規模企業ブランドを多く取り扱い、一つひとつのプロダクトを大切に丁寧に紹介しています。

都心にいながらアウトドア感覚を味わえる! 体験型店舗(画像提供:UPI)



 そんなUPIのフラッグシップショップとして、2021年1月にオープンしたのが「UPI表参道」。店内に入ってまず驚くのが、アウトドアフィールドを再現したという小川や森があること! 小川にはメダカが泳ぎ、大きな木にはハンモックが掛けられ、表参道という都会の真ん中でアウトドア疑似体験できるというギャップに驚かされます。

フィールドエリアでアウトドア用品の使い心地を体感できます(画像提供:UPI)

 展示スペースには、20ブランド以上の商品が並び、アイテムの横にはそれぞれのプロダクトの作り手の想いや、まつわるストーリーなどが説明されたカードが配置されています。アイテムの背景を知ったうえで手に取ると、愛着がわいてくるのが不思議です。アイテムによっては体験できるものがあるので、スタッフさんに相談してみてください。

 店内ではクラフトビールも販売しています。キャンプギア選びに悩んだら、いったん休憩を入れましょう。ビール片手にあれこれ考えるのも楽しい時間になりますね。

THE NORTH FACE Alter(ザ・ノース・フェイス オルター)

 1966年にアメリカで創業された「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」は、スキーなどのアクティビティ用品からキャンプ用品に至るまで、幅広いシーンに特化したアイテムが人気のアウトドアブランドです。

 「THE NORTH FACE」の新業態店として、2019年4月にオープンしたのが「THE NORTH FACE Alter(ザ・ノース・フェイス オルター)」。明治神宮前〈原宿〉駅から徒歩2分の場所に、表参道エリア5店舗目の直営店として誕生しました。

 ショップのコンセプトは「プリミティブ&シンプル」で、地球環境への負荷軽減を意識したライフスタイルを提案しています。自然と調和するようなシンプルなアースカラーのアイテムに加え、環境に優しいテクノロジーを盛り込んだ先鋭的な商品も取り扱われています。何か新しい発見ができる、そんなショップです。

 ショップの付近には、アウトドアと都市のボーダレスを意識した「THE NORTH FACE STANDARD」や、2022年7月にオープンしたばかりのランニング系アイテムが充実した旗艦店「THE NORTH FACE Sphere(スフィア)」があります。コンセプトの違いを感じつつ、ショップをハシゴしてみてはいかがでしょう。

日本から世界へ発信 日本が誇るアウトドアブランド

 世界中のキャンパーから愛されている日本が誇るアウトドアブランドのアパレルライン旗艦店も表参道から徒歩6分の位置にあります。機能的でスタイリッシュなキャンプギアがそろうカフェ併設のWITH HARAJUKU店も近いので、海外アイテムと国内アイテムを比較して、自分の好みを知るのも良いでしょう。

スノーピーク表参道

 1958年にプロダクトの街、新潟県燕三条で産声をあげた「スノーピーク」。クライマーであった山井幸雄氏が、自ら欲しいと思う道具をつくりはじめたのがきっかけだそうです。いまや世界中のクライマー・キャンパーから愛され続ける、日本が誇るアウトドアブランドに成長しました。

スノーピークアパレルのコンセプトは「Home⇌Tent」(画像提供:スノーピーク)

 2015年11月のオープン以来、「スノーピーク表参道」は、スノーピークファンに加え、ナチュラル志向のライフスタイルを愛する人たちの憩いの場所になっています。スタッフはスノーピークをこよなく愛する方ばかり。ちょっとした会話から、話が弾んであっという間に時間が過ぎてしまいます。

普段使いにしたくなる服やグッズが充実(画像提供:スノーピーク)

 アパレル系が充実しているフラッグシップショップで、キャンプではもちろん、普段使いにも使えるアイテムが見つかります。おすすめなのが、無駄をそぎ落としたシンプルなデザインのグッズたち。テーブルウェアやランタンは、シンプルなインテリアにもマッチして、普段の生活にも取り入れたいミニマルな美しさです。職人たちの技やプライドが詰まったアイテムは、経年変化を楽しみつつ、長きにわたり愛用できます。

世界の最先端・表参道のフラッグシップショップから目が離せない!

 表参道にあるアウトドアブランドの旗艦店はまるでワンダーランド! 大型店や商業施設のショップでは味わえない斬新なコンセプトで、私たちを楽しませてくれます。

 憧れのキャンプギアを迎え入れる計画があるなら、フラッグショップをいくつかはしごして、実際に見て触ってチェックしましょう。

 表参道を散策しながらお気に入りのキャンプギアを探す…すてきな休日になりそうですね。

■UPI表参道
住所:東京都渋谷区神宮前4-9-3
TEL:03-6804-1817
アクセス:東京メトロ千代田線・銀座線・半蔵門線 表参道駅より徒歩3分

■THE NORTH FACE Alter
住所:東京都渋谷区神宮前6-10-9原宿董友ビル 1F
TEL:03-6427-1180
アクセス:東京メトロ千代田線・副都心線 明治神宮前〈原宿〉駅より徒歩2分

■スノーピーク表参道
住所:東京都渋谷区神宮前6-2-6
TEL:03-6805-1452
アクセス:東京メトロ千代田線・副都心線 明治神宮前〈原宿〉駅より徒歩1分

関連記事