コロナでどう変わる?【2022年】相続税路線価が発表!東京都の路線価ランキングなどご紹介

  • ライフ
  • 丸の内・大手町
  • 原宿
  • 新宿三丁目駅
  • 日本橋・京橋
  • 渋谷
  • 知る!TOKYO
  • 表参道
  • 銀座
コロナでどう変わる?【2022年】相続税路線価が発表!東京都の路線価ランキングなどご紹介

\ この記事を書いた人 /

逆瀬川勇造(不動産ライター)のプロフィール画像

逆瀬川勇造(不動産ライター)

2022年7月1日に最新の相続税路線価が発表されました。路線価は不動産の地価を知るうえで参考にしたい重要な指標の一つです。不動産ライターの逆瀬川勇造さんが2022年の路線価についてご紹介します。

 2022年7月1日に国税庁より最新の相続税路線価が発表となりました。

 今回発表された路線価は、2022年1月以降の相続税や贈与税額を算出するうえで基準となる重要な指標です。

相続税路線価2022年我が家の近辺は(画像:photoAC)



 日本全国で最も相続税路線価が高い場所はどこなのでしょうか。

 本記事では、2022年最新の相続税路線価に関して、都市別路線価ランキング・東京都内の路線価ランキングをご紹介していきます。

 是非最後まで読んで参考にしてみてください。

2022年相続税路線価は全国平均で0.5%上昇!

 2022年7月1日に発表となった相続税路線価ですが、全国平均を見てみると0.5%の上昇となっています。

 2021年は新型コロナウイルス感染症の影響もあって前年比0.5%のマイナスでしたが、2022年は新型コロナの影響も和らいできたこともあり前年比プラスとなったようです。

 2022年7月現在においても新型コロナ陽性者数は増え続けており、依然としてコロナの影響は大きい状況にあります。また、ロシアのウクライナ侵攻による原油・物価高騰、日米金利差拡大による円安進行など日本経済への影響も懸念されます。

 一方で、コロナワクチン接種が進んでいるなど明るい兆しも見えつつある状況であり、2022年の相続税路線価も前年比プラスになったと考えられるでしょう。

都市別最高路線価ランキングTOP10

 2022年都市別の最高路線価はどのようになっているのでしょうか。

 都市別の最高路線価ランキングTOP10を以下の表にまとめていますので、見ていきましょう。

順 位 都市名 最高路線価所在地 路線価格(万円/㎡) 前年比
第1位 東 京 中央区銀座5丁目銀座中央通り 4,224 △1.1%
第2位 大 阪 北区角田町御堂筋 1,896 △4.0%
第3位 横 浜 西区南幸1丁目横浜駅西口バスターミナル前通り 1,656 3.0%
第4位 名古屋 中村区名駅1丁目名駅通り 1,248 1.3%
第5位 福 岡 中央区天神2丁目渡辺通り 880 0.0%
第6位 京 都 下京区四条通寺町東入2丁目御旅町四条通 673 3.1%
第7位 札 幌 中央区北5条西3丁目札幌停車場線通り 616 4.8%
第8位 神 戸 中央区三宮町1丁目三宮センター街 490 △5.8%
第9位 さいたま 大宮区桜木町2丁目大宮駅西口駅前ロータリー 440 3.3%
第10位 仙 台 青葉区中央1丁目青葉通り 339 2.7%

 

 全国で最も路線価が高い場所は、前年と同じく銀座5丁目銀座中央通りという結果になりました。

銀座五丁目銀座通り(画像:photoAC)

 37年連続全国トップとなりましたが、前年の路線価と比較すると-1.1%の変動率となっており、価格としては下落しています。

 新型コロナウイルスによる飲食店の休業や閉店、在宅勤務によるオフィス需要の減少が影響しているといえるでしょう。

 一方、横浜、名古屋、京都、札幌、さいたま、仙台の6都市では前年よりも路線価は上昇。

 東京、大阪といった大都市圏において在宅勤務によるオフィス需要が減少し、地方都市での住宅取得の需要増が影響していると考えられるでしょう。

東京都の路線価ランキングTOP10

 全国の都市別ランキングTOP10をご紹介しました。

 では、東京都の路線価ランキングTOP10はどのようになっているのでしょうか。

 都内の路線価ランキングTOP10は以下の通りとなっています。

順 位 最高路線価所在地 路線価格(万円/㎡) 前年比
第1位 中央区銀座4丁目 4,224 △1.1%
第2位 新宿区新宿3丁目 2,952 △0.5%
第3位 渋谷区宇田川町21丁目 2,872 0.0%
第4位 千代田区丸の内2丁目 2,518 △1.3%
第5位 千代田区有楽町2丁目 2,387 △1.3%
第6位 千代田区大手町1丁目 2,174 △0.7%
第7位 渋谷区神宮前5丁目 2,008 △1.0%
第8位 中央区京橋1丁目 1,800 △2.2%
第9位 港区北青山3丁目 1,704 0.9%
第10位 中央区日本橋1丁目 1,480 △1.0%

表参道駅周辺はプラス。渋谷駅周辺も横ばい推移

 東京都内での路線価を見てみると、TOP10のうち8地点が前年比マイナスとなっています。

 コロナによる飲食店などの休廃業、テレワーク需要の増加によるオフィス需要低下が影響していると考えられるでしょう。

 一方で、表参道駅周辺に位置する第9位の港区北青山3丁目、渋谷駅周辺に位置する第3位の宇田川町は横ばいとなっています。

 表参道駅周辺である北青山3丁目では現在再開発事業が進行中です。また、渋谷駅周辺についても100年に一度の再開発といわれるように大規模な再開発事業が進行中です。

 こうした要因もあって路線価も前年比プラスになっているものと考えられるでしょう。

表参道付近も再開発が始まっている(画像:photoAC)

ご自身の不動産も調べてみては?

 2022年最新の相続税路線価ランキングについてご紹介してきました。

 東京都内を見ると、オフィス需要の減少などによって下落した場所もあったものの、再開発が進められている地域においては上昇、横這い推移となっています。

 また、全国的に見ると全国平均で0.5%程度上昇しており、今後もコロナの影響が和らぐことでさらなる上昇が考えられるでしょう。

 相続税路線価は、相続税や贈与税の算定の基準となる重要な指標です。

 ご自身や家族の所有する不動産が相続税路線価でどの程度の価値があるかを押さえておけば、いざという時に慌てずに対処できます。また、相続税対策としても役立てることも可能です。

 是非とも本記事を参考にして、一度ご自身の不動産について調べてみてはいかがでしょうか。

関連記事