数は100店以上! 銀座周辺に「画廊」「ギャラリー」がやたらと多い理由

中央区の京橋から銀座周辺に美術関連のお店が集まっている場所があります。いったいなぜここに? フリーライターの小西マリアさんが解説します。


中央区にもあった「骨董通り」

 中央区の京橋から銀座かいわいを歩いていると、美術関連のお店が特に多く、画廊やギャラリー、アートセンターなど、その名称もさまざまです。資料で数えてみたところ、美術関連のお店は中央区内に90~100店ほどあるようです。同区内のコンビニエンスストアは約270なので、いかに多いかがわかります。

 そのような集積を反映してか、中央区には別名「骨董(こっとう)通り(東仲通り)」と呼ばれる通りがあり、日本橋から京橋へと、八重洲通りから鍛冶橋通りまでを南北につないでいます。

中央区「骨董通り」周辺(画像:(C)Google)

 よく知られる港区南青山の骨董通りは1980(昭和55)年頃に出現しましたが、こちらは由来は不明ながらも、戦前からこの名で呼ばれていたようです。

 戦前には、多くの分野で活躍した芸術家・北大路魯山人もこのかいわいに店を開いていました。周辺は江戸時代からの繁華街ですが、元々は武家を相手にした刀の鞘(さや)や調度品、書画骨董を扱う店が多くありました。

 当時の書画骨董(書道と絵画と古美術の総称)は、単に鑑賞して楽しむだけでなく、幕府の役人や大名たち、豪商たちの贈答品の役割もありました。そのため書画骨董の流通や生産は活発で、そうした品々を武家や豪商相手に販売するだけでなく、生産拠点もありました。

明治以降、多くの店が進出


【地図】中央区「骨董通り」の場所

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画