東京の中心・銀座になんと「番外地」があった! 場所は銀座インズ周辺、いったいなぜなのか

東京を代表するエリア・銀座に正式な住所のない場所があります。いったいなぜでしょうか。ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


銀座の一等地のナゾ

 自治体同士の境界線が決まっていない「境界未定地域」。その帰属先について論争になっている地域は全国のあちこちに存在します。

 近年話題になったのは、東京湾の「中央防波堤埋立地」です。ここは大田区と江東区が40年あまりにわたって帰属を争ってきましたが、2019年の東京地裁の判決で

・江東区:79.3%
・大田区:20.7%

とする判決が下されています。

 この埋め立て地はもともと、東京都で排出されたゴミを使って作られました。大田区では「かつて漁場だった」ことを理由に、江東区では「東京のゴミ処理を江東区が担ってきた」ことを基に争っていました。しかし、判決が確定したことで争いは終結しました。

中央区銀座西2ー2先にある「銀座インズ」(画像:(C)Google)

 しかし、東京の街にはもっと長らく境界が決まっていないエリアが存在します。それが、銀座の東京高速道路(通称KK線)の高架下にあるショッピングセンター「銀座インズ」のエリアです。

 この場所は住所が存在せず「中央区銀座西2ー2先」といった形で「先」を付けることで対応していますが、正式な住所ではありません。いわずもがな銀座は1丁目から8丁目までで、銀座西という住所はそもそも存在しません。こうなっている理由は

「高速道路に沿って中央区と千代田区、港区の境界が画定していない」

ためです。

 このエリアはもともと外濠を埋め立てて建設されましたが、その際、区の境界が設定されなかったために、このようになっています。東京高速道路の会社設立は1951(昭和26)年、道路の供用開始は1959年ですから、約60年近くも境界論争が続いています。

原因は過去の税制


【画像】住所の証拠を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211130_ginza_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211130_ginza_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211130_ginza_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211130_ginza_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211130_ginza_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画