猫だけじゃなかった……! 新宿で「巨大3Dカニ」を大発見した投稿者にツイッター民が6.6万いいねの称賛

2021年7月17日

ライフ
ULM編集部

あっと驚く衝撃の場面、感心させられる発見や豆知識、思わず涙を誘う感動の出来事……。SNS上では毎日、新鮮な話題がいくつも発信されてます。そのなかから「東京」に関連するものを厳選してご紹介します。


思いがけない巨大生物が潜んでいた

 JR新宿駅東口に登場して世間の話題をさらった、大型街頭スクリーンに映し出される3Dの巨大な三毛猫の映像。

 そのあまりのインパクトに、ミニチュアサイズの街並みを自宅に再現した飼い猫用「キャットタワー」を作成するクリエーターが現れるなど、さまざまな反響を巻き起こりました。

 しかし、新宿に“生息”する巨大3D生物は、猫だけではありませんでした。

 猫の街頭スクリーンがある新宿東口の駅前から歩いてわずか6分ほどのところに、負けず劣らず巨大な「3Dカニ」が存在することが判明したのです

 東京在住の音楽プログラマー、じーくどらむす/岩本翔(@geekdrums)さんがツイッターに投稿したのは、その巨大なカニを捉えた画像。

新宿で発見された「巨大カニ」の正体とは……?(画像:じーくどらむす/岩本翔さんのツイートより、ULM編集部でトリミング)

「新宿のカニちゃん見てきた。ほんとに立体的に見える すごい」

というつぶやきとともに、とても巨大なカニが写った画像をアップしています。

 しかしこの巨大カニ、よく見ればすぐ上に「かに道楽 年中無休」という看板が。そう、これは大阪市に本社を構えるおなじみのカニ料理専門レストラン「かに道楽」新宿本店のオブジェなのでした。

 しかし言われてみれば、横長で白っぽい長方体の中に収まっているビジュアルは、街頭スクリーンの猫とほとんど瓜ふたつ。

 これにはツイッターユーザーも意表を突かれたようで、6.6万もの「いいね」とともに、

「新宿の立体動物ってカニのことだったのか!」
「猫以上に飛び出して見える」
「さすが最新の街頭ビジョン、たまげたなぁ」

など、次々に“ノリツッコミ”のリプライ(返信)が寄せられました。

「カニも映像なの??」混乱する人も……


【画像】新宿の「巨大猫」「巨大カニ」並べて比較!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210716_crab_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_crab_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_crab_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_crab_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画